まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「モービウス」、ジャレッド・レトさんがクロスオーバーしたいキャラクターを明かす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

来月の公開を控えるSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」の主演を務めるジャレッド・レトさんが、海外メディア ScreenRant のインタビューに応じ、今後クロスオーバーしたいキャラクターについて質問されました。先日はスパイダーマンとのデュオに興味を示していたレトさんですが、今回は別のキャラクターの名前を取り上げました。

sponsored link
 

レトさんは「アイアンマンのロバート・ダウニー.Jrをはじめ、たくさんの人が出演していますが、もちろんヴェノムとの共演も素晴らしい作品になるでしょう。それが楽しみです。」と、トム・ハーディさん演じるヴェノムの名前をあげました。

以前に「モービウス」のダニエル・エスピノーサ監督は本作の現場にトム・ハーディさんがいたと感じさせる発言をし、話題になった事がありました。ジャレッド・レトさんの今回の発言が「モービウス」の内容を仄めかしているのか、あるいはもっと先にある願望なのか、2週間ほどで判明する事になりそうです。

「ヴェノム」シリーズと「モービウス」はソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)という世界の枠組みの中に設定されており、ここでのクロスオーバーは比較的容易であると考えられます。

「モービウス」は予告の中でヴェノムについての言及がありますが、これらの作品の共通項であるはずのスパイダーマンの扱いが明確でなく、その連続性がはっきりと分かっていません。その上でマーベル・スタジオのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画「スパイダーマン:ホームカミング」に登場したマイケル・キートンさんが「モービウス」にも登場していることが余計に混乱を招いています。

「ヴェノム」シリーズと「モービウス」、そしてMCUはどのような関係になっているのでしょうか。

本作の公式概要は以下のとおりです。

sponsored link
 

天才的な頭脳を持つ医師マイケル・モービウス。彼は幼いころから、治療の術がない血液の難病を患っていた。これまで多くの命を救いながらも、己の病を治癒する方法だけを見出せずにいたモービウスは、自らの身体に実験的な治療を施す。それはコウモリの血清を投与するという、危険すぎる治療法だった。そのまま姿を消したモービウスは、2か月後、ロングアイランド沖に座礁したコンテナ船に突如現れる。病で痩せ細った姿から一変、顔には血色が戻り、隆起した筋肉が全身を覆っていた。さらに、超人的パワーとスピード、そして周囲の状況を瞬時に感知するバットレーダーや飛行能力を手にしたモービウスだが、同時に彼の中で、抑えきれない〝血への渇望“が生まれる。やがて彼の身体に更なる変異が起こる…… このユニバースに生まれ堕ちた彼は、果たして善なのか、悪なのか──

映画「モービウス」は 2022年4月1日 日米同時公開予定です。

ソース:Jared Leto Wants A Venom vs. Morbius Battle

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

ヒュー・ジャックマンさん、映画「デッドプール3」以降のウルヴァリンの可能性について言及

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール3」にウルヴァリン役での再登場が発表されたヒュー・ジャックマンさんが、The Empire Film Po …

パトリック・スチュワートさんが「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」でのプロフェッサーX再登場に「可能性はある」とコメント

マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」にX-MENのプロフェッサーXが再登場するという噂について、過去に同役を演じて …

【噂話】映画「エターナルズ」で結婚式が行われる?

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ4の映画「エターナルズ」の中で、結婚式のシーンが存在するであろうと海外で話題になっています。 映画やドラマなどのキャスティング情報を扱っているサ …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」は監督の最高傑作に

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」の主演を務めるクリス・プラットさんが、海外メディア Digital Spy …

ミズ・マーベル/カマラ・カーンの死にケヴィン・ファイギ社長の関与を作家が暴露するも、会社は否定の声明を発表

2023年発売のコミック「アメイジング・スパイダーマン」#26でミズ・マーベル/カマラ・カーンが死亡した事に関して、「マイルズ・モラレス:スパイダーマン」のライターであるコーディー・ジグラーさんが、こ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。