まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「マダム・ウェブ」失敗の原因はインターネット、エマ・ロバーツさんが自論を展開

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」でメアリー・パーカーを演じたエマ・ロバーツさんが、海外メディア Variety とのインタビューの中で、本作の失敗はインターネットに原因があると指摘しました。

最近の別のインタビューでもまたやりたいと話していたエマ・ロバーツさんは、「マダム・ウェブ」が期待するような結果を得られなかった事、また、(主演の)ダコタ・ジョンソンさんがもうやりたくないと発言していた事について質問され、次のように話しました。

物事がうまくいくこともあれば、うまくいかないこともあります。皆、自分が成功するかどうかを予測できるかのように振る舞いますが、実際にはそんな事はできません。失敗しても後でTikTokでバズることもあるし、成功しても実際に見てみると『これが成功したの?』ということもあります。成功の秘訣はなく、ただ良いものを作り、タイミングが合うことです。それ以外は祈るようなものです。失敗を恐れたり、否定的な意見に怯えたりはしていられません。

現代ではどんな作品でも品質以上にタイミングが重要だと考えていると明かしつつ、「マダム・ウェブ」が実際にどうだったかについて語りました。

個人的に『マダム・ウェブ』が本当に好きでした。映画の撮影をとても楽しみましたし、出演者全員が素晴らしかったと思います。監督のS.J.クラークソンが素晴らしい仕事をしたと思います。彼女の存在がこの映画をやりたいと思った理由です。インターネット文化とすべてが冗談にされることがなければ、反応は違ったでしょう。そういう点が残念です。現代の、人々がすべてを冗談にしてしまう風潮が嫌なんです。

しかし結果的に「マダム・ウェブ」はネット上の人々だけでなく、主演のダコタ・ジョンソンさんも制作のやりかたに疑問を提示し、共演していたシドニー・スウィーニーさんもとある番組でこれをジョークにしていました。

そんな中でのエマ・ロバーツさんの再演希望は意外な流れですが、「マダム・ウェブ」に続編の可能性は残されているのでしょうか。

また、これに関連して「マダム・ウェブ」には出演していないラッセル・クロウさんが作品批判をする俳優を批判しました。

sponsored link
 

ソース:Emma Roberts on ‘Space Cadet,’ Blaming the Internet for ‘Madame Web’ Flopping and Being Protected as a Nickelodeon Child Star

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」、世界オープニング興収が2億ドルを越えて前作の約3倍を記録

ソニー・ピクチャーズ制作のアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」の全世界でのオープニング週末興行収入が2億860万ドルに達したと、海外メディア Deadline が報じました。前 …

映画「サンダーボルツ」のアートが公式から消えたと言う

2022年のD23 Expoにて発表されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「サンダーボルツ」。イベント時に同時に公開された公式のコンセプトアートが、公式ウェブサイトやアートを描いた …

「ニュー・ミュータンツ」の新しいポスターが公開

FOX制作によるX-MENシリーズの映画「ニュー・ミュータンツ」の新ポスターが公式ツイッターで公開されました。 映画タイトルと重なる部分がドクロになって見えるのが何とも不気味です。 These are …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、スターロードの象徴的なマスクがなかったことについて監督が解説

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」のスターロード/ピーター・クイルが、過去2作で着用していた象徴的なマ …

MCU版「X-MEN」は2025年以降まで来ない?権利関係の問題があると報じられる

先日開催されたサンディエゴ・コミコン2022ではマーベル・スタジオが2026年までのロードマップを公開し、アベンジャーズ新作映画2本を含む大きな発表となりました。その一方で「デッドプール3」や「X-M …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。