まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「マダム・ウェブ」、エマ・ロバーツさんが自身の役に大興奮、次はアクションに挑戦したいとも

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」でメアリー・パーカーを演じたエマ・ロバーツさんが、海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で本作を振り返り、自身の役柄について大興奮していた事を明かしました。

エマ・ロバーツさんはメアリー役を演じた事について「ピーター・パーカーの母親役で飛び入り参加できるなんて最高だったし、あの映画の監督も大好きでした。とても楽しかったわ。」と述べました。

メアリーが作中で出産した赤ん坊の名前は明示されませんでしたが、メアリーの名前、そして義兄の名前がベンである事から、この赤ん坊がピーター・パーカー、将来のスパイダーマンである事は疑いようがありませんでした。

ロバーツさん自身もこの赤ん坊がスパイダーマンだと認識しているようで、「私がピーター・パーカーを産んだのよ。失礼ですが、それ以上に英雄的なことってあります?」ともコメント。

さらに、妊娠中のキャラクターを演じる事について、「私はちょうど9ヶ月の妊婦のお腹をつけなければなりませんでした。それだけでも英雄的なことです。あなたはそれがどんなものか全くわかりませんよね。そしてその後、アメリカン・ホラー・ストーリーでも6ヶ月間、再びお腹をつけていました。今頃は3人の子供がいてもおかしくないくらい、これまでに妊婦役を何度も演じましたが、実際には1人しかいません。」と語りました。

最後に今後もコミックムービーに出演する可能性について、「コミックのキャラクターを演じるのはとても楽しいから、今度はもう少しアクションのあるキャラクターを演じるチャンスを得たいわ」と希望を明かしました。

「マダム・ウェブ」の続編が制作される可能性は低そうですが、仮に実現したとしても、メアリー・パーカーはスパイダーマンの物語の性質上、死の運命を回避する事は極めて難しいと考えられています。それも踏まえてか、ロバーツさんは別のヒーローかヴィランの役に興味を移しているようです。

sponsored link
 

「マダム・ウェブ」は大きな期待の中で劇場公開されましたが、1億ドルの制作費に対して1億ドルの興行収入となり、広告費用(数千万ドル)の分だけ赤字となりました。

2月に公開された本作は4月に米国で有料配信と米Netflixでのサブスク配信も解禁。Blu-ray と 4kUHD も早々にリリースされました。日本ではこれの輸入盤が時折見られますが、日本のソニー公式からはリリースのアナウンス自体が未だにありません。

ソース:Madame Web’s Emma Roberts Weighs In on a Future Return to Comic Book Movies (Exclusive)

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、ネイモアのあそこが編集されていた事が判明

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」が先日公開され、米国では4.1億ドルから4.3億ドルを売り上げる見込みでヒットして …

映画「X-MEN2」コロッサス役ダニエル・クドモアさんが映画「アベンジャーズ6」出演への意欲を見せる

20世紀FOX制作のマーベル映画「X-MEN2」と以降のシリーズにコロッサス役で出演していたダニエル・クドモアさんが、最近のInstagramの投稿にてファンからの質問を受けて、マーベル・スタジオが制 …

映画「ソー:ラブ&サンダー」、シフの未使用ストーリーやゴアの初期デザインのアートが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」より、レディ・シフやゴア・ザ・ゴッドブッチャーの未使用のコンセプトアートが公開されました。2013年 …

映画「マダム・ウェブ」はサム・ライミ版「スパイダーマン」と同じ世界?新たな証拠が目撃される

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」の新たな撮影現場のリーク写真が公開されました。以前のリークでは本作が西暦2000年代初頭を舞台として設定 …

映画「モービウス」のマット・スミスさん、自身の役柄について未だによく分からないと明かす

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」に出演しているマット・スミスさんが、自身が演じたマイロがコミックの元ヒドラであるハンガー/ロクシアス・クラウ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。