まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ダコタ・ジョンソンさんが「マダム・ウェブのような事は二度としたくない」と語る

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」の主演を務めたダコタ・ジョンソンさんが、海外メディア Bustle とのインタビューで本作の制作について振り返り、このような事は二度としたくないと語りました。

sponsored link
 

批判的なレビューを書かれる事についてどう思うか質問されたダコタ・ジョンソンさんは「残念ながら、こういう結果になると思っていました。」と述べました。

その理由について質問されると、次のように語っています。

映画を作るのはとても難しいことであり、これらの大作映画、それは私を本当に不安にさせていることなのですが、こういった映画の決定は委員会によって下され、委員会で作られたアートはうまくいきません。映画は映画監督とその周りのアーティストのチームによって作られるべきです。数値やアルゴリズムに基づいてアートを作ることはできません。私の感触では、観客は非常に賢いと思いますが、経営幹部はそれを信じなくなってしまいました。観客は常にうそくさいものを嗅ぎ分けることができます。たとえ映画がAIによって作られるようになったとしても、人間はそのようなものを見たくないでしょう。

ジョンソンさんは大手フィルムメーカーによる映画は監督の権限よりも上の所から様々な干渉がある事を指摘し、それらはほとんどの場合がアートに関するものではなく、ビジネス的見地によるものであり、そういった事が自身の映画論と食い違っていると説明しました。

でも、その映画を作る事は確かに私にとっての経験で、これまでにそのようなことをしたことがありませんでした。多分もう二度とやらないでしょう。なぜなら、私はその世界では意味をなさないからです。今ではそう思うようになっています。
この業界では時折、契約中に思い描いていたイメージが制作中にまったく異なるものになって行き、「待って、なにが起こってるの?」となることがあります。しかし、それは本当に貴重な学びの経験であり、もちろん、酷評されるのは気分がいいものではありませんが、納得出来ないわけではありません。

そして最後に、「だから、自分自身の制作会社を持っているんです。あの映画みたいに、何も発言権がないような作品にはもう関わりたくありません。」と、大手が制作する映画はこれで最後にしたいと現状考えている事を明らかにしました。

もしもソニーが先を見越して複数の作品の契約をしていなければ、ダコタ・ジョンソンさんは今後SSUに戻ってこない可能性が非常に高いと言えそうです。このユニバースは一体どうなってしまうのでしょうか。

映画「マダム・ウェブ」は 2024年2月14日 より米国劇場にて公開中、日本では 2024年2月23日 より劇場公開中です。

ソース:Dakota Johnson Can’t Fake It

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」には原作どおりビヨンダー登場か─コミックとは異なる部分も

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオとディズニーが2026年の公開を予定しているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ:シークレッ …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」1作目の未発見のイースターエッグが3作目で意味を持つらしい

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2014年公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」では未だに発見されていないイースター …

シーハルクの次の舞台はどこになる?タチアナ・マスラニーさんが言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」の主人公シーハルク/ジェニファー・ …

マーベル・スタジオが大晦日に中国のビリビリ動画で音楽ショーを開催

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオのボスであるケヴィン・ファイギ氏が中国最大のSNSであるウェイボーに投稿し、同じく中国の動画共有サイトビリビリ動画にて、大晦 …

「エターナルズ」は「シャン・チー」の興行収入次第で延期、「ヴェノム2」は来年の可能性が報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 新型コロナウイルスのデルタ株のパンデミックの影響が深刻となり、マーベル映画のさらなる延期の可能性を海外メディア Vulture が報じました。 …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。