まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「デッドプール&ウルヴァリン」監督が「マーベルファンは100億回狂乱するかもしれない」と予告

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」のショーン・レヴィ監督が、海外メディア SFX Magazine とのインタビューの中で、本作には予想もしない様々な展開がある事を予告しました。

レヴィ監督はインタビューで今年唯一のMCU映画について次のように語りました。

観客が気に入る瞬間もありますが、正気を失うような瞬間もあります。それは十億倍です。これはもちろん実際の数値ではなく、誇張表現です。

また、特に笑えるシーンがいくつかあるとしつつも、大きな問題も抱えている事を明かしました。

この映画には、観客が笑いすぎてセリフを聞き取れない瞬間があります。そういう意味では失敗です。編集室で、特定のシーンのたびに、『前のセリフに観客が笑っていて、次の3つのセリフが聞こえないよ』と言いました。毎回、ライアンとは兄弟のように議論しましたが、彼がよく勝ちました。彼は『いいね、観客はもう一度映画を見なければならないね!』とね。

日本の映画館では静かに見る事が暗黙の了解になっているため、こういったケースは起こりにくいかもしれませんが、心配な場合は字幕版にしておくか、なるべく音がよく聞こえる座席を選択するのがいいかもしれません。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は公式ポッドキャストにて、「デッドプール&ウルヴァリン」の最大の魅力はこの二人のキャラクターを正式にMCUに迎え入れる事が出来た事だとし、X-MEN映画とMCUの融合について語っています。

「監督のショーン・レヴィとライアンが、ライアンがデッドプールで先駆けた最高の要素と、ヒューが初期のX-Men映画で先駆けた要素を受け入れ、非常に無礼な方法で取り入れることができたのは、本当に素晴らしいことでした。これは予告編やTVAの登場を通じて、ファンの人たちがすでに繋がりを推測し始めています。」

笑いすぎてセリフを聞き逃してしまうほどのシーンとはどのようなものか、そして実際に二度見してしまう事になるのか、あと数週間で明らかになります。

「デッドプール&ウルヴァリン」の米公式あらすじは以下の通りです。

中年の危機を経験しながら職業上の挫折に直面した後、ウェイド・ウィルソンはデッドプールを正式に引退し、中古車のセールスマンになることを決意しました。しかし、友人、家族、そして全世界が危険にさらされているとき、デッドプールは引退生活から刀を持ち出すことを決意する。彼は、自分たちの生存だけでなく、最終的には彼らの遺産のために戦うために、消極的で警戒心のあるウルヴァリンをスカウトします。

「デッドプール&ウルヴァリン」はショーン・レヴィ監督のもと、脚本をライアン・レイノルズさん、レット・リースさん、ポール・ワーニックさん、ゼブ・ウェルズさんらが手掛けました。

主演のライアン・レイノルズさん(デッドプール)とヒュー・ジャックマンさん(ウルヴァリン)に加え、 「デッドプール」シリーズからカラン・ソーニさん(ドーピンダー)、レスリー・アガムズさん(ブラインド・アル)、モリーナ・バッカリンさん(ヴァネッサ)、ステファン・カピッチッチさん(コロッサス)、ブリアナ・ヒルデブランドさん(ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド)、忽那汐里さん(ユキオ)、ロブ・ディレイニーさん(ピーター)の再登場が確認されています。公開されている公式予告では他にも多数の再登場キャラクターが確認されています。

sponsored link
 

そしてエマ・コリンさんがヴィランのカサンドラ・ノヴァを演じています。

映画「デッドプール&ウルヴァリン」は 2024年7月26日 に米劇場公開予定、日本は 2024年7月24日 に世界最速公開です。

ソース:Deadpool and Wolverine director says Marvel fans will lose their minds “ten billion” times over during the movie

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のプロモアートがリーク

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のグッズに使用されるプロモーションアートがリークされ、シュリやオコエの外観や、メイ …

ゲーム「Marvel’s Avengers」でMCU版のスキンが表示されるバグが発生中?

スクウェア・エニックスから販売中のゲーム「Marvel’s Avengers」で、開発元のクリスタルダイナミクスが今後MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)版のコスチュームをゲームに実装するこ …

映画「ソー:ラブ&サンダー」の予告公開に「ザ・ボーイズ」も納得

Amazonプライムビデオで配信中のドラマ「ザ・ボーイズ」の米公式TwitterがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」の予告を要求してはや一ヶ月。昨日待望のトレ …

映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」のロケ現場写真がリーク、アントマンは市民の人気者に?

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」のロケ現場の様子を、海外メディア DailyMail が公開しました。ロケ地とな …

映画「マダム・ウェブ」、シドニー・スウィーニーさんの役割でインサイダーの意見も分かれる

先日、ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」へのキャスティングが報じられたシドニー・スウィーニーさんの役割について、様々な憶測が渦巻いています …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。