まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「サンダーボルツ」、スティーヴン・ユァンさんは自身の役について「本当に面白い役だ」と感じたと言う

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「サンダーボルツ」に出演するスティーヴン・ユァンさんが、海外メディア The Hollywood Reporter とのインタビューの中で、本作での未発表の役がいかに興味深いかを語りました。

sponsored link
 

以前のインタビューでは「サンダーボルツ」参加の決心の決め手に関して「キャラクターの意図が明確だった」と語っていたユァンさんは、この役が本当に興味深いとして次のように語りました。

「『ビーフ』のエピソードを担当したジェイク・シュライアーが(サンダーボルツの)監督を務めることになり、彼がこの役で僕を抜擢してくれて、台本を読んだら、『これは本当に面白い役だ、これを探求してみたい』という気持ちになったんです。」

また、MCUに参加する事について「バケットリスト(死ぬまでにやりたい事のリスト)から物事をチェックしていくよりも、新しい経験に目を向ける事が大切だと思いました。『それを経験してみたいかどうか?』が重要でした。その後に何をしなければならないかは別の話ですが、今はただその体験をしてみたいんです。」とコメントしました。

ユァンさんが演じるキャラクターは正式発表されていませんが、前回のキャスティング報道の際は「フェーズ5のクローザーとして重要な役割を担う、MCUの将来にとって重要な役割になる」と報じられています。

このキャラクターについて、スクーパーやファンはヒーローのセントリー、そしてセントリーの内に潜むヴィランのヴォイドを演じるのではないかと考えています。この二面性を持つキャラクターに関連して、「サンダーボルツ」キャスティング報道のずっと前には同じく善と悪の顔を持つキャラクターとして「スパイダーマン4」出演の噂もありました。

sponsored link
 

本作の制作はやや難航しているようで、一時は「ブラックウィドウ」の脚本家によって台本が完成し、エレーナ・ベロワを中心としたその物語はレッドガーディアン/アレクセイ役のデヴィッド・ハーバーさんも絶賛していましたが、その後、脚本の書き直しをしている事が判明

当初は「キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー」と同時期の撮影が見込まれていましたが、その脚本のやり直しによって現在ストライキの真っ只中となり、それに伴って撮影の開始が遅れています。

映画「サンダーボルツ」は 2024年7月26日 米国公開予定です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

トム・ホランドさんに新たな動き?ソニー、マーベル・スタジオと新たな契約の可能性

海外メディア The Cosmic Circus がMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じたトム・ホランドさんについて何かを握っていることをTwitt …

映画「マーベルズ」のキャプテン・マーベルはアイアンマンと同じ道を辿るのか

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」のファイナルトレーラーが先日リリースされて劇場公開を控えるのみとなった中、海外メディア WGTC は本作の中で …

映画「アベンジャーズ6」が「ロキ」「ドクター・ストレンジ2」の脚本家を起用

マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」の脚本に、ドラマ「ロキ」シーズン1や映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・ …

映画「ソー/ラブ&サンダー」のファーストティザーはもうすぐ?

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー/ラブ&サンダー」の最初の予告の公開がすぐそこまで迫っているかもしれません。昨年12月に公開された「スパイダーマン:ノ …

アンドリュー・ガーフィールドさんとキルスティン・ダンストさんがMCU「スパイダーマン3」にキャスティングされたと報じられる

映画「アメイジング・スパイダーマン」シリーズでスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じたアンドリュー・ガーフィールドさんと、サム・ライミ監督の映画「スパイダーマン」シリーズでメリー・ジェーン・ワトソン …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。