まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

アンドリュー・ガーフィールドさんが「アメイジング・スパイダーマン3」がキャンセルになった当時の心境を明かす

投稿日:

ソニー・ピクチャーズ制作の「アメイジング・スパイダーマン」シリーズでスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じたアンドリュー・ガーフィールドさんが、海外メディア GQ とのインタビューに応じ、「アメイジング・スパイダーマン3」がキャンセルされた時の心境について語りました。

sponsored link
 

ガーフィールドさんは当時やりきれない思いがあったと認めつつ、それは自身で解決しなければならない問題でもあったと次のように述べています。

もっとやりたいと思っていたかどうかは分かりません。何をするにしてオープンな気持ちでいました。でも、やりきれない思いがありました。あの経験は何だったんだろう?そして、どうすれば自分のリビングルームでその輪を閉じることができるのか?

そして「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」が実現した事で、プレッシャーから解放されたと説明しました。

でも、「ノー・ウェイ・ホーム」への出演は本当に素晴らしいものでした。スパイダーマンを題材にした短編映画のように、仲間たちと接することができたんです。僕はプレッシャーから解放されたんだけれど、それはトムの肩にかかっていました。彼の三部作ですからね。僕とトビーはそのサポート役で、できるだけ楽しく、独創的で想像力豊かな、ちょっと間抜けな時間を過ごすことが出来ました。3人の間で、「これは面白いことになりそうだ」と思いましたね。このキャラクターを本当に所有していると感じている3人がいるわけですから。でも、実際は兄弟愛が第一だったと思います。それが撮影にも表れていると思います。

さらにガーフィールドさんは、「アメイジング・スパイダーマン」を一人で担ってきた事に大して、トム・ホランドさんの「スパイダーマン」シリーズはスタジオのバックアップがあると、その違いを指摘します。

トム・ホランドはマーベルの大きな組織に支えられています。トム・ホランドはまだこれらの映画を担わなければなりませんが、それらはより大きなマーベルの機械の一部であり、あるレベルでは失敗するには大きすぎるということを意味します。トビー・マグワイアの後、僕は一人でスパイダーマンの映画を担わなければなりませんでした。リブートが上手く行くという保証は何処にも有りませんでした。

最後に「アメイジング・スパイダーマン」を一人で背負うことの大変さと、演劇が出来ればそれでいいと続けました。

「でもまだ若い」、26歳の自分はそう思いました。クソみたいに大変なことでした。でも僕はそれを引き受けたかったんです。準備と覚悟はできていました。重いとは感じませんでした。でも、とてもリスキーだと感じる要素もあったと思います。名声や露出という点で、自分自身に危険を感じていました。アメイジング・スパイダーマンに出演した時も、数年後には『エンジェルズ・イン・アメリカ』と『セールスマンの死』に出られるようにしたい、と思っていました。まずは舞台俳優です。なぜなら、舞台は永遠のテーマだと思うからです。一晩に50人の観客を相手に一生芝居ができるなら、僕の人生は満足のいくものになるはずです。口先だけでなく、本当にそう思っているんです。もし他のすべてが失われ、ここで食事ができなくなったら、ロンドンにアパートを借りて、演劇をやりますよ。

「アメイジング・スパイダーマン」は「スパイダーマン」のリブートとして制作されましたが、人気が伸び悩み、3作目が制作される事はありませんでした。

しかしながら「アメイジング・スパイダーマン」と並走していたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)は成長を続け、「アメイジング・スパイダーマン3」を諦めたソニーは3人目のスパイダーマンをデビュー。そして、MCUがマルチバースの時代に入ったことで「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて過去の実写スパイダーマンたちを一堂に会する事が可能になりました。

「ノー・ウェイ・ホーム」の人気を受けて、「アメイジング・スパイダーマン3」制作の噂や、映画「アベンジャーズ/シークレット・ウォーズ」でアンドリュー・ガーフィールドさんが再登場するなどの噂もありますが、現時点で確かな情報はなく、ファンはアメイジング・スパイダーマンの再登場を気長に待つしかありません。

ソース:Andrew Garfield’s search for the sublime

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のおもちゃリークによりM.O.D.O.K.の外観が明らかに

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のおもちゃの画像がリークされました。アメリカのフィギュアメーカー Funko! が展開 …

【映画紹介】「インクレディブル・ハルク」ハルク誕生の物語【MCU Vol.2】

(米)2008年6月13日 / (日)2008年8月1日 のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)「インクレディブル・ハルク」日本では「アイアンマン」よりこのハルクが先に公開されてしまったため …

映画「ブラックウィドウ」より新たな本編映像”In Pursuit”が公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」から新たな本編映像「In Pursuit」が公開されました。公開されたのは約90秒の映像で、ナターシャとエレーナの姉妹がウィドウ …

サム・ライミ監督、MCU版「スパイダーマン4」の予定はナシ ─ 「撮るとしたらトムではなくトビー」

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」でメガホンを取ったサム・ライミ監督が海外メディア ロサンゼルスタイムズとのインタビューの中で …

【噂話】映画「サンダーボルツ」にタスクマスターが戻ってくると言う

マーベル・スタジオが制作すると伝えられているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「サンダーボルツ」にタスクマスターが戻ってくると、海外メディア ScreenGeek が報じました。これ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。