まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「クレイヴン・ザ・ハンター」、アーロン・テイラー=ジョンソンさんが本作での挑戦について語る

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズが制作中のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「クレイヴン・ザ・ハンター」で主演を務めるアーロン・テイラー=ジョンソンさんが、海外メディア Rolling Stone UK とのインタビューで、本作への挑戦について語りました。

sponsored link
 

テイラー=ジョンソンさんは本作に惹かれた理由について次のように語っています。

このキャラクターはどこかユニークで、何か根拠があるもののように感じました。私たちは皆、特定のスタジオ映画、ある種のポップカルチャーを見るのにうんざりしていて、それが映画館に行きたいという気持ちを弱めるような大量生産をしてきました。もし私がこのキャラクターに本当に生命を吹き込む価値がないと感じたら、私はそれにサインしなかったでしょう。

さらに、この役を引き受けた事は大きな挑戦であるとも説明しました。

ソニー/マーベルの映画に挑むことは、まったく異なる挑戦です。それには物語、キャラクター、役割があります。しかし、それに加えて、スタジオやフランチャイズの世界に足を踏み入れることになりますが、我々は先走るべきではありません。つまり、彼らはある意味で私に賭けています。それは素晴らしいことです。しかし、スタジオを満足させ、観客を喜ばせ、俳優としての尊厳を保つことが必要です。私にとってそれはすべて非常に挑戦的です。

アーロン・テイラー=ジョンソンさんはMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」でピエトロ・マキシモフを演じていましたが、当時この映画の出演についてどうでもいいと感じていた事を過去のインタビューで明かしていました。

あれから身の回りの状況も変化し、新たな挑戦へと踏み出す心境に至ったようですが、SSUは「マダム・ウェブ」の公開後かなり厳しい状況に陥っており、多くの海外ファンは「クレイヴン・ザ・ハンター」でも同様の失望となるのではないかという不安と、起死回生の一作となって欲しいという期待が入り乱れているようです。

sponsored link
 

米公式サイトではスパイダーマンの物語へと繋がることをほのめかしていましたが、SSUがどこへ向かうことになるのか注目となっています。

映画「クレイヴン・ザ・ハンター」は 2024年8月30日 に米国公開予定です。

ソース:Aaron Taylor-Johnson: Britain’s next leading man

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」プロデューサーがケヴィン・ファイギ氏の関与を否定

ソニー・ピクチャーズ制作のアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のプロデューサー兼脚本家のフィル・ロードさんとクリス・ミラーさんが、海外メディア Rolling Stone との …

【噂話】「シャン・チー」「エターナルズ」「ドクター・ストレンジ」最新作の開発がいよいよ始まるという

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」、「エターナルズ」、「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の続編映画 …

コミック「スカーレット・ウィッチ」のプレビュー公開、MCUからダーシー・ルイスが逆デビュー

マーベルが来年刊行予定のコミック「スカーレット・ウィッチ(2022)#1」のプレビューを公式サイトで公開しました。スティーブ・オーランドさんとサラ・ピケリさんによって制作されているこのコミックには、M …

映画「ブラックウィドウ」のサウンドトラックが無料公開 ─ その他音楽情報

現在公開中の映画「ブラックウィドウ」のオリジナル・サウンドトラックの楽曲リストがマーベル・ミュージック/ハリウッド・レコードより公開されました。Spotify や Youtube Music など各種 …

Netflix「デアデビル」カレン役がデッドプールの画像公開で一騒ぎ

Netflixのマーベルドラマ「デアデビル」でカレン・ペイジを演じたデボラ・アン・ウォールさんが、11月23日の感謝祭を祝して Instagram を更新、その際にデッドプールの画像を用いたことでウォ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。