まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ケルシー・グラマーさんはビーストとしてMCUに戻りたい

投稿日:

20世紀FOXの映画「X-MEN:ファイナルディシジョン」(2006年)でビースト/ヘンリー・”ハンク”・マッコイを演じたケルシー・グラマーさんが、海外メディア MovieWeb とのインタビューの中で、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の作品でビーストを再演したいと語りました。

sponsored link
 

グラマーさんはビースト役をいたく気に入っているとし、「彼らが再演を言ってこないなら、二度とディズニーランドには行きませんよ」と述べました。

ケルシー・グラマーさんは2021年のインタビュー(NJ.com)でも今後のMCUにX-MENが登場するといった話題に対して、「またビーストをやりたいです。誰もそれについて私に話してくれませんでした。たぶん、スタジオは別のことをやろうとしていると思うんです。私は彼らが一緒に行くと仮定しています、でもあなたが知っているように、最初が最高です。」と、再演を強く願いつつも、「ファースト・ジェネレーション」からの新しい俳優たちがMCUに登場するとの考えを示しました。

X-MENのチームメンバーであるビーストは怪力とスピードを併せ持つミュータントであり、天才科学者として「X-MEN:ファイナルディシジョン」に登場ししました。

しかし、X-MENの結成を描いた「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」は過去を舞台にした作品で、過去を描くにあたってビースト役はニコラス・ホルトさんへとリキャストされました。そして、シリーズはそのまま分岐した時間軸をメインに話が進んだため、以降はニコラス・ホルトさんがビーストを演じ続け、ケルシー・グラマーさんは過去と未来が交差する「X-MEN:フューチャー&パスト」で未来のビースト役としてカメオ出演するにとどまりました。

もうひとりのビーストを演じたニコラス・ホルトさんも2020年のインタビューで同役の再演を希望しており、MCU版でどちらが採用されるのか、それとも新たなキャストになるのか、さらにはどちらも起用されるのかなど、注目の役のひとつとなっています。

映画「X-MEN:ファイナルディシジョン」はディズニープラスで配信中です。

ソース:Exclusive: Kelsey Grammer Will Boycott Disneyland if He Can’t Return as Beast in the MCU

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、Blu-ray米国発売は7月26日の一報にファンは疑問視

現在、劇場公開中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のBlu-rayや4kUHDの米国発売が、2022年7月26日になると報じ …

ビデオ会議で使えるソニー公式スパイダーバース背景画像

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、自宅からリモートワークでオンライン会議が広まってきた昨今。さまざまなビデオ会議アプリが使用されています。 ※「Zoom」はセキュリティの脆弱性が指摘されていました …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、ベティとネッドの関係はどうなる?

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のプロモーションとして行われているデイリービューグルのTikTokにて、ベティ・ブラントの「バーニング・クエ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」脚本家が第3の目について語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の脚本を担当したマイケル・ウォルドロンさんが、海外メディア Roll …

MJ役ゼンデイヤさん、MCU「スパイダーマン3」の「全貌は知らない」と明かす

現在撮影の真っ最中であるソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のスパイダーマン第3作目に出演するゼンデイヤさんが、The Late Show With Steph …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。