まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【噂話】マグワイア版「スパイダーマン」4作目の制作が進行中だと言う

投稿日:

ソニー・ピクチャーズが2002年から2007年にかけて公開したサム・ライミ監督の「スパイダーマン」シリーズの4作目が検討されていると、海外メディア Giant Freakin Robot が報じました。トビー・マグワイアさんが演じたピーター・パーカーの4作目は2011年の公開を目指して開発されていましたが、2010年にはキャンセルが報じられ、その後は2012年にアンドリュー・ガーフィールドさんの「アメイジング・スパイダーマン」が公開される事となりました。

sponsored link
 

現在は3シリーズ目とも言えるトム・ホランドさんの「スパイダーマン」シリーズ最新作「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」が世界中で公開中ですが、記事ではトビー・マグワイアさんが演じるはずだった4作目が再検討されていると報じています。

記事によると、ソニーは最近スパイダーマンで大成功を収めたため、トビー・マグワイアさんの「スパイダーマン4」の製作を検討しているそうです。そのスタイルは、ファンが「スパイダーマン:イントゥ・ザ・スパイダーバース」で愛したものに近いものになるでしょう、との事。アニメシリーズとして再検討されている「スパイダーマン4」は制作の初期段階にあるといいます。

実写版の当初の計画では、ヴァルチャーがメインヴィランになり、アン・ハサウェイさんがフェリシア・ハーディ(ブラックキャット)を演じると報道されたこともありますが、サム・ライミ監督がこれらのストーリーに興味を持てなかったのが立ち消えになった大きな理由の一つと言われています。今回再検討されている4作目はこれらのストーリーラインは取らないだろうとも記事は伝えています。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の公開以降、アンドリュー・ガーフィールドさんのスパイダーマンとトム・ハーディさんのヴェノムの映画や、エレクトロのスピンオフなど、スパイダーマンシリーズに関する噂が多く報じられています。「ノー・ウェイ・ホーム」で描かれたマルチバースによって、過去の実写シリーズにも新たな行き先が見えだしているのかもしれません。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の公式あらすじは以下の通りです。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2022年1月7日 に日本公開予定です。

ソース:Exclusive: Tobey Maguire’s Spider-Man 4 Is Actually In The Works

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「シャン・チー」、監督が撮影終了を報告

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー・アンド・ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス」のメガホンを取ったデスティン・ダニエル・クレットン監督が、自身のInstagramにて …

米ディズニープラス、10月に「Marvel Studios’ Assembled」の「ブラックウィドウ」と「ホワット・イフ…?」をリリース

ディズニープラスのドキュメンタリーシリーズ「Marvel Studios’ Assembled」の「ブラックウィドウ」と「ホワット・イフ…?」が2021年の10月に米ディズニープラスで配信 …

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」監督がミッドクレジット、ポストクレジットシーンを解説

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のデスティン・ダニエル・クレットン監督が海外メディア Entertainment To …

映画「ソー:ラブ&サンダー」撮影地でマット・デイモンさんが目撃、やはりロキを演じる?

現在オーストラリアで撮影が進められているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」に出演すると報じられていたマット・デイモンさんの姿が実際にロケ現場で目撃され …

ラムロウ役フランク・グリロさん、映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」で危険なスタントに挑戦したのは「スカーレット・ヨハンソンのせい」と明かす

2014年に公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」に登場したブロック・ラムロウを演じたフランク・グリロさんは、作中の危険なスタン …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。