まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「サンダーボルツ」、ゴースト役ハナ・ジョン=カーメンさんが再演について語る

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「サンダーボルツ」で6年ぶりに物語に登場する事になるゴースト/エイヴァ・スターを演じるハナ・ジョン=カーメンさんが、D23 Expo 会場で海外メディア Comicbook.com のインタビューに応じ、再演について語りました。

sponsored link
 

チームワークに期待する事を質問されたジョン=カーメンさんは、「そうですね、彼女は触られるのを好まないので・・・。彼女はかなり社交的、まあ、実際には社交的ではないんですけど。彼女はバンの中で育ちました。だから人と接したことがほとんどありません。ゴーストとチームの交流は面白いことになりそうです。」と回答しました。

また、今回の「サンダーボルツ」発表について「素晴らしかったわ。つまり、すべてはファンのためなんです。その愛とサポートを受けただけで、ゴーストのストーリーテリングや新しいチーム、新しい部隊を続けていくことが本当に楽しみになったわ。」と述べました。

前作「アントマン&ワスプ」では、エイヴァは幼い頃に事故に巻き込まれ量子フェージングの能力を獲得し、その治療の前にピム博士の研究所を狙い、アントマンたちと戦うことになりました。最終的に量子世界から戻ったジャネットヴ・ヴァン・ダインの能力で量子フェージングを一時的に抑える事に成功しました。

その後、本格的な治療のためにアントマンは量子エネルギーの採取に向かった所でサノスの指パッチンが行われ、以降エイヴァの治療がどうなったのかMCU内で語られていませんでした。

現在発表されているメンバー7人(エレーナ、レッドガーディアン、タスクマスター、バッキー、U.S.エージェント、ヴァル、ゴースト)のうち、唯一フェーズ4に登場していないメンバーであり、また唯一特殊なスーパーパワーを扱うメンバーでもあります。

元S.H.I.E.L.D.のエージェントでもあるゴーストはS.H.I.E.L.D.式の格闘術を身に着けており、他のメンバーに引けを取らない身体能力も持ち合わせているはずで、本作での活躍にも期待がかかります。

昨年末のインタビューの段階で既に「サンダーボルツ」に関する打ち合わせが行われていたのか、ハナ・ジョン=カーメンさんは当時話題をすぐに打ち切ろうとしていました。

映画「サンダーボルツ」は 2024年7月26日 米国公開予定です。

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、トム・ホランドさんが本作のエンディングについて語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の主演を務めたトム・ホランドさんとゼンデイヤさんが Marvel.com とのインタビューに応じ、本作の「ほ …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」The More Fun Stuff Version が米週末興行収入でトップに

9月2日より米国の映画館にて公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」The More Fun Stuff Version がレイバーデイの週 …

米ソニー・ピクチャーズがネッドのマルチバースの旅を描いたショート動画を公開

米ソニー・ピクチャーズがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のBlu-ray発売プロモーションのひとつとして、1991年の映画「Bill &am …

【ネタバレ注意】映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」には別の結末があった事を監督が明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のデスティン・ダニエル・クレットン監督が、本作には劇場で公開されたものとは別の結末も用 …

マイケル・キートンさんが映画「モービウス」の再撮影に取り組んでいるという

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ホームカミング」でバルチャー/エイドリアン・トゥームスを演じていたマイケル・キートンさんが、SSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。