まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【噂話】SSUの未公開タイトルを含むリストがリークされる

投稿日:

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の計画中のタイトルが流出したと話題になっています。Twitterアカウント Film Odyssey が投稿したリストの中には、正式発表に至っていないいくつかの映画タイトルも含まれています。

sponsored link
 

氏の投稿は以下のようなもの。

「エル・ムエルト」、「マダム・ウェブ」、「クレイヴン・ザ・ハンター」までは正式発表されている作品で、続いて「サンドマン&ライノ」、「モービウス2」、「アメイジング・スパイダーマン」、「スパイダーゲドン」と続いています。また、別の投稿では「ヴェノム3」と「シルク」、そして無題の作品が抜けていたと補足しています。

「ヴェノム3」はトム・ハーディさんが脚本に着手した事を報告しており、「シルク」に関してもプロデューサーが近況報告をしているなど、ソニーとしての発表はありませんが、半公式発表とも言える報告がされています。

過去の噂話と比べて「サンドマン&ライノ」、「モービウス2」、「アメイジング・スパイダーマン」は比較的想像の範囲内の作品ですが、「スパイダーゲドン」に関してはやや意外な所でもあります。

2018年リリースのコミック「スパイダーゲドン」は「スパイダーバース」の続編にあたる作品で、日本生まれの東映特撮版スパイダーマン、彼が搭乗する巨大ロボットのレオパルドンなども参戦している事から少し話題になった事もありました。

これを実写化する事があればかなりの話題になるのは間違いありませんが、SSUでは現状スパイダーマンが登場しておらず、数々のヴァリアント・スパイダーマンが登場する「スパイダーゲドン」の前にやるべきことは山積みになっています。

それともMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ」からキャプテン・カーターが映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」で実写化されたように、アニメ「スパイダーバース」から実写化させてしまおうという計画なのでしょうか。

今回の話題も明確なソースが提示されていないものであり、噂のひとつとして今後の行方に注目です。

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「エターナルズ」、VFX制作の裏側が判明 ─ セナ、エロスは首から下、マッカリは全身CGのシーンがあった

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」のVFXを担当したマット・エイトケンさんが海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で、 …

ドラマ「ミズ・マーベル」プロデューサーが過去作や映画「ザ・マーベルズ」との繋がりについて語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」のプロデューサー兼ヘッドライターを務めるビシャ・K・アリさんが、海外メディア The Hollywood Reporter との …

ケヴィン・ファイギ社長がDC映画「バットガール」キャンセルのニュースに反応し、監督に応援のメッセージ

先日、米ワーナーが経営の新体制を発表した一環で明かされた映画「バットガール」のキャンセルのニュースに対して、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がアディル・エル・アルビ&ビラル・ファラー …

映画「モービウス」、アル・マドリガルさんはSSUのコールソンになりたいと考えていたと言う

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」でロドリゲス捜査官を演じたアル・マドリガルさんが、海外メディア ComicBookMovie.com とのイ …

元マーベル・スタジオアーティストがドクター・ドゥームのコンセプトアートを公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」、「アントマン」などでヴィジュアル開発の主任をつとめていたチャー …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。