まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

アニメ「What if…?」、フューリーのミステリーエピソードについてエグゼクティブ・プロデューサーが語る

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)初のアニメ「What if…?」のエグゼクティブ・プロデューサーを務めるブラッド・ウィンダーバウムさんが海外メディア Total Film とのインタビュー(gamesradar経由)の中で、ファンが体験するエピソードの種類について語りました。

sponsored link
 

ウィンダーバウム氏は、MCUのフェーズ1におけるフューリーズ・ビッグウィークにまつわるエピソードを確認し、それを「偉大なアガサ・クリスティのエピソード」と表現しました。

それから、素晴らしいアガサ・クリスティーのようなエピソードがあります。それは、”フューリーズ・ビッグウィーク “というコアなファンしか知らない、この曖昧なポイントが舞台になっています。

フューリーズ・ビッグウィーク」はMCUを舞台にしたプレリュード・コミックで、2012年の「アベンジャーズ」で重要な意味を持つ「ニューヨーク決戦」に向けて、様々な出来事に対処するシールドの長官とそのエージェントたちを描いています。

一方、脚本を担当したA.C.ブラッドリー氏は、「What if…?」の自由なフォーマットにより、各エピソードのトーンが週ごとに大きく変化することを説明し、「従来のマーベル映画よりも暗くなったり明るくなったりする」と説明しています。

私たちのエピソードは、従来のマーベル映画よりも暗く、そして明るく、そのどちらかで、ストレートな悲劇もいくつかあります。
政治的スリラーのようなエピソードもありますし、悲劇的なラブストーリーのようなダークなドクター・ストレンジのエピソードもあります。そのうちの一つは、私が子供の頃に見たお気に入りの映画を、ふざけて追体験したいと思ったものです。自分のキャリアの中で、ナショナル・ランプーンのようなクレイジーなパーティー映画を書くことができるなんて、他には考えられません。

元のコミックではS.H.I.E.L.D.の長官であるフューリーを中心としてS.H.I.E.L.D.のエージェントたちが登場していました。エージェント・フィル・コールソンを演じていたクラーク・グレッグさんが自身のSNS上で「What if…?」のトレーラーやポスターを共有している事と、やはり何か関係があるのでしょうか?

アニメ「What if…?」はディズニープラスで 2021年8月11日 より配信開始です。

ソース:Exclusive: Marvel’s What If…? will feature a “tragic love story” and an “Agatha Christie episode”

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「シークレット・インベージョン」、エミリア・クラークさんの再撮影の様子がリーク

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」は現在再撮影の最中となっていますが、本作に出演するエミリア・クラークさんのロケの様子が目撃 …

ドラマ「ムーンナイト」、オスカー・アイザックさんが演じる事が正式に発表

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」の主演をオスカー・アイザックさんが務める事が正式に公開されました。ディズニーのインベスターデイ2020では監督のみの発表にとどまっ …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」6話のイースターエッグをピックアップ

2021年4月23日配信のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」エピソード6「世界はひとつ、人はひとつ」のイースターエッグを中心に原作設定や今後の予想などをご紹介。 ※この先はシリーズの …

ドラマ「シーハルク」のカット・コイロ監督はジェニファー・ロペスさんをMCUに迎えたいと語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」のカット・コイロ監督が、俳優のジェニファー・ロペスさんをマーベルの世界に迎えたいと考えている …

「マーベル・スタジオ・アッセンブル:ホークアイの裏側」が1月19日より米ディズニープラスで配信決定

米ディズニープラスの2022年1月配信スケジュールが公開され、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」のメイキングを描いたドキュメンタリー番組「マーベル・スタジオ・アッセン …

PREV
【噂話】カーター役ヘイリー・アトウェルさんが「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」に戻ってくる?
NEXT
コミック「エターナルズ:セレスティア」でエターナルズと紀元前のアベンジャーズが激突!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。