まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

クエイクとシャン・チーのクロスオーバー?クロエ・ベネットさんが気になる写真を投稿

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」でクエイク/デイジー・ジョンソンを演じたクロエ・ベネットさんが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」でシャン・チーを演じたシム・リウさんとのオフショットを自身のtwitterにて公開しました。

sponsored link
 

ベネットさんは「マーベル初のアジア人ヒーローを見てください。シム・リウも写っています」とコメントを添えていくつかの写真を投稿。

「いいね」の数は7万を越えており、ファンのコメントでは「クエイクはシャン・チー2に出ますか?」、「映画はいつですか?TVシリーズはいつ始まりますか?」といったようなクエイクの復活に対する期待に溢れています。

クロエ・ベネットさんとシム・リウさんのツーショットと言う事で、コミックのアジア人チーム「エージェント・オブ・アトラス」が実現するのではという期待もありますが、今回はあくまでオフショットの投稿にすぎません。

©MARVEL

エージェント・オブ・アトラスはジミー・ウーを中心に、シャン・チーやシルク、エアロやルナ・スノウといった東洋人ヒーローで結成されたチームとなっています。

クロエ・ベネットさんは過去にドラマ「シークレット・インベージョン」に登場するという噂を否定。しかし実写版「パワーパフガールズ」が延期になった際にプロジェクトの競合が発生したとして「謎のプロジェクト」を優先し降板、これがマーベルのプロジェクトではないかとも噂されていました。

さらに過去のインタビューでは再演について「ありえない話ではないですよね。だってコールソンは何度も死んでいるんだから!」と前向きな姿勢を見せていました。

Netflixからデアデビルやキングピンが戻ってきた今、「エージェント・オブ・シールド」からもコールソンやデイジーが戻ってくるかどうかは気になる所。果たして計画は動いているのでしょうか?

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」、映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」はディズニープラスで配信中です。

-ドラマ, 映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ヴェノム3」のワーキングタイトルよりヴィランが判明か

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが開発中のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム3」のワーキングタイトル(仮題)が判明したと、海外 …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、脚本家がデッドプール登場について話し合いがあった事を認める

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 現在劇場公開中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」には様々な噂が飛び …

映画「エターナルズ」「シャン・チー」の邦題と公開日、日本語ロゴが発表

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」と「シャン・チー・アンド・ザ・レジェンド・オブ …

ドラマ「ホークアイ」のヘイリー・スタインフェルドさんがケイトの親子関係と将来について言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」にケイト・ビショップ役で出演するヘイリー・スタイン …

【噂話】ドラマ「シーハルク」シーズン2が開発中か

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオがディズニープラスに向けたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク」のシーズン2を開発していると、 …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。