まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」、監督がビル・マーレイさんのキャラクターは重要だと語る

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のペイトン・リード監督が、海外メディア Entertainment Weekly とのインタビューで、ビル・マーレイさん演じる謎のキャラクターの重要さについて語りました。

sponsored link
 

リード監督はトレーラーにも登場している謎のキャラクターについて「ビル・マーレイはジャネット・ヴァン・ダインの過去に関わるキャラクターを演じています。重要な役どころですね。この映画の大きなテーマは、親と子がお互いに言わないこと、家族の中にある秘密です。前作で、ハンクとホープがジャネットを救出するとき、エヴァンジェリン・リリーのキャラクター(ホープ)はこんなことを考えていました。『ああ、お母さんと再会できるんだ、これは素晴らしいことだ、何でも話し合おう』とね。」と述べました。

「しかし、相手(ジャネット)が壁を作り、あることについて話すのを嫌がり、自分の過去についてあることを明かさなかったとしたらどうなるのでしょうか?偉大な物語からわかるように、過去は過去のものとして処理することができますが、過去は常に再び現れる方法を見つけます。ビルのキャラクターは、この映画でそれを象徴しています。」とジャネットが隠したいと思っていた過去に関わるキャラクターである事を明かしました。

また、監督はジャネットとホープの関係だけでなく、スコットとキャシーの親子にも触れ、「本作で私が興奮した最も興味深いことのひとつは、スコットとキャシーの関係を進展させることでした。『アントマン』の全作品で中心となっているこの関係は、『エンドゲーム』の結果、キャシーが成長したことが大きな違いです。彼女は自分自身の力で科学に精通した頭脳を持つようになりました。彼女はハンク・ピムの古い日記やノートを調べ、量子科学と量子技術のアイデアに強く惹かれるのです。」と語っています。

ビル・マーレイさんは過去のインタビューで「悪者を演じる」と明かしており、海外メディアはコミックのクライラーというキャラクターではないかと報じていました。

前作「アントマン&ワスプ」で語られることがなかったジャネットの過去。量子世界でどのようにして生き延びてきたのか、ビル・マーレイさんのキャラクターはそこに大きく関与しているのかもしれません。

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」は 2023年2月17日 公開予定です。

sponsored link
 

ソース:Ant-Man and the Wasp: Quantumania director promises an epic: ‘I don’t want to be the palate cleanser anymore’

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」から6人のキャラクターポスターとフィーチャレットが公開

来月公開予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」からメインキャラクター6人のポスターがマーベル・スタジオ公式ツイッターで公開されました。主人公シ …

ヒュー・ジャックマンさん、COVID-19ワクチンを接種した事を報告

FOXの映画「X-MEN」シリーズで長きに渡ってウルヴァリンを演じてきたヒュー・ジャックマンさんが新型コロナウイルスのワクチンを接種したことを自身のSNS上で報告しました。先日はウルヴァリンの宿敵デッ …

【ネタバレ注意】映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、グルートの驚くべき新形態が明らかに

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」に登場するグルートの新たな姿が明らかになりました。2023年春の発売 …

映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」のキャシー役キャスリン・ニュートンさんがワークアウトの様子を公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」で主人公スコット・ラングの娘、キャシー・ラングを演じるキャスリン・ニュートンさんがト …

映画「マダム・ウェブ」、シドニー・スウィーニーさんの役割でインサイダーの意見も分かれる

先日、ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」へのキャスティングが報じられたシドニー・スウィーニーさんの役割について、様々な憶測が渦巻いています …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。