まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

クリス・ヘムズワースさんが「ソー5」に向けた展望の一部を明らかに

投稿日:

マーベル・スタジオが制作したMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」などでソーを演じたクリス・ヘムズワースさんが、海外メディア Comicbook.com のジョシュ・ホロウィッツ氏の番組に出演し、次なる最新作「ソー5」はこれまでとは全く違うものにしたいという思いを明かしました。

sponsored link
 

ヘムズワースさんは番組の中でソーの旅を振り返り、「1と2を見ると、かなり似ているんです。『ラグナロク(バトルロイヤル)』と『ラブ&サンダー』も似ています。それを再発明することがカギだと思うんです。『インフィニティ・ウォー』と『エンドゲーム』では、このキャラクターに対して非常に思い切ったことをするユニークな機会を得ました。私はそれを楽しんでいましたし、人々を油断させるのが好きなんです。私自身、常に気を張っています。そのおかげで、私は常に投資することができます。前にも言いましたが、あまりに馴染みすぎると、自分が何をやっているか分かってしまうので、怠け者になる危険性があると思います。」とソーの新たな面を描いていきたいと語りました。

そして、「繰り返しになりますが、私が再び招待されるかどうかもわかりません。でも、もしそうなったら、自分の正気を保つために、トーンも何もかもががらりと変わったバージョンでなければならないと思うんです(笑)。ソーは『ラブ&サンダー』で正気を失ってしまったはずです。彼は今、それを理解しなければならないんです。」と表面上は取り繕えているソーですが、心はかなり傷ついていると指摘しました。

ヘムズワースさんが望む新たなソーを描くにあたって、「バトルロイヤル」「ラブ&サンダー」のタイカ・ワイティティ監督が続投するのか、あるいはトーンを刷新するために新たな監督が起用されるのかは分かりません。監督自身は「ラブ&サンダー」に全てを注ぎ込んだとし、次回作の構想はないと当時のインタビューで語っていました。

クリス・ヘムズワースさんは先日配信された番組内で一時的に俳優業を休止する事を明かしていましたが、ソーはいずれ「ソー5」で復活するのは間違いないようです。ただし、2024年初頭から撮影が開始されるシリーズ5作目の映画「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」にソーが戻ってくるかどうかは不明であり、今後の情報には注目です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のバスファイトシーンのスタントビデオが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の主演を務めたシム・リウさんが、自身のInstagramにて本作の「バスの戦闘シーン」 …

オリヴィア・マンさんが今でもサイロックの刀技が衰えていない事をアピール

2016年公開の映画「X-MEN:アポカリプス」でサイロックを演じたオリヴィア・マンさんが、「私のサイロックの剣を見つけた」とSNS上に投稿し、その技をおさめた動画を公開しました。 sponsored …

映画「ローガン」のダフネ・キーンさんがウルヴァリンからのアドバイスについて語る

2017年公開の20世紀FOXのマーベル映画「ローガン」でX-23/ローラ・キニーを演じたダフネ・キーンさんが、海外メディア マリ・クレールUK とのインタビューの中で、ジェームズ・マンゴールド監督と …

映画「ブラックウィドウ」の4kUHD、Blu-ray、DVD、MovieNEXの発売が9月15日に決定

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」のkUHD、Blu-ray、DVD、MovieNEXの発売が 2021年9月15日 に決定しました。各種 …

映画「キャプテン・マーベル2」には原作でも関係が深いカマラ・カーンとモニカ・ランボーが登場

2022年公開予定の映画「キャプテン・マーベル2」に、原作コミックでも関係が深いキャラクターであるモニカ・ランボーとミズ・マーベル/カマラ・カーンが登場することが発表されました。 sponsored …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。