まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

タイカ・ワイティティ監督、映画「ソー:ラブ&サンダー」には全てを注ぎ込んだ ─ 次回作は誰にもわからない

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のタイカ・ワイティティ監督が海外メディア The Sydney Morning Herald とのインタビューで、本作に全てを注ぎ込んだ事を明かし、次回作についても触れました。

sponsored link
 

監督はインタビューで以下のように述べています。

この後、次の作品をやるかどうかは誰にもわかりませんが、この作品には、すべてのアイデア、すべての馬鹿げたコンセプトやギャグ、スタント、キャラクターなど、あらゆるものを注ぎ込んだと思っています。これ以上の満足はありません。

ワイティティ監督は2017年公開のシリーズ第3弾にあたる映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」からMCUに参加し、前2作とは全く違うテイストの作品を作り上げ好評を得ました。

その後は2019年にコメディ映画「ジョジョ・ラビット」でアカデミー脚本賞を受賞するなどし、現在はスター・ウォーズのプロジェクトなども抱える多忙な監督になっています。

また、ソーを演じるクリス・ヘムズワースさんも2011年からMCUに参加しており、アイアンマン/トニー・スタークやキャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャースの事を考えると、次回作があるかどうかはかなり不透明と言えそうです。

とは言えまだまだ「ラブ&サンダー」はポストプロダクションの真っ最中。まずは本作の公開を心待ちにしたい所です。

映画「ソー:ラブ&サンダー」は 2022年5月6日 米国公開予定です。

ソース:‘In the world of the internet, everything goes away pretty quick’: Taika Waititi

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

【映画紹介】「アベンジャーズ」チーム誕生の物語【MCU Vol.6】

※この記事は本作の予告編程度の軽微なネタバレ、及び前作までのネタバレを含む可能性があります。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。 2012年公開の映画「アベンジャーズ」MCU(マーベル …

ライアン・レイノルズさん、映画「デッドプール3」に継続されるキャラを示唆か

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)として最新作の開発がいよいよ動き出した映画「デッドプール3」に関して、主演のライアン・レイノルズさんがとあるキャラクターの継続出演を示唆しているのではない …

マーベル・スタジオ副社長、「シャン・チーはシム・リウ以外の選択肢はなかった」事を明かす

マーベル・スタジオ制作の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のワールドプレミアイベントで、マーベル・スタジオのビクトリア・アロンソ副社長が海外メディア Variety とのインタビューに応じ、シ …

映画「ソー:ラブ&サンダー」、クレジットシーンはいつもどおり?批評家レビューが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のワールドプレミアイベントが本日開催され、現地で映画をいち早く鑑賞した批評家たちのレビューが解禁されています。また。ミッドク …

映画「ブラックウィドウ」の新トレーラー、SNSではレッドガーディアンが歓迎し、エレーナは大興奮

先日公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の新たなトレーラーを受けて、同作に登場するナターシャ・ロマノフの父レッドガーディアン/アレクセイ・ショスターコフを …

PREV
ケヴィン・ファイギ社長、ドラマ「ロキ」はMCUに大きな影響を与えると明かす ─ テーマはグレーゾーン
NEXT
モバイルゲーム「MARVEL Future Revolution」からスパイダーマンのトレーラーが公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。