まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の腕輪のVFXは原作のように10個それぞれ異なる予定だった

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」に登場する10個の腕輪「テン・リングス」。原作コミックではこのテン・リングスは10個の「指輪」であり、それぞれが異なる能力を持つアイテムでしたが実写化するにあたって変更されました。しかし、実写版も当初は異なるヴィジュアルエフェクトを持たせていた事をVFX担当のショーン・ウォーカーさんが明かしました。

本作のVFXを担当した Weta Digital 社のショーン・ウォーカーさんは「ある時点ではそれぞれのエフェクトがそれぞれのスタイルで腕輪に適用されていました。例えばウェンウーがムチを作ったり投擲物を作ったりする時、それらは実際には独自のカラースキームを持っていましたが、全て同じパレットでした。しかし、ウェンウーとシャン・チーをはっきりとさせるために、もっと狭い範囲のカラーパレットにこだわりました。シャン・チーの色は実際に彼の母親のカラーパレットを模倣しています。」と説明しました。

原作の指輪のように異なるエフェクトを持っていたという腕輪ですが、最終的にはシャン・チーとウェンウーのどちらがコントロールしているのかを見た目でわかりやすくするために、キャラクターによってカラーを統一したとの事です。

原作の10個の指輪の違いについては以下の記事を御覧ください。

また、指輪から腕輪に変更された理由については以下の記事を御覧ください。

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の公式あらすじは以下の通りです。

sponsored link
 

マーベル・スタジオの新時代の幕開けを担う、新たなヒーローが誕生! 悪に染まった父から授かった最強の力を封印し、二度と戦わないと誓ったシャン・チー。父が伝説の腕輪《テン・リングス》を操り世界を脅かす時、シャン・チーは自らの力を解放し、宿命の敵となった父に立ち向かえるのか? 自らの運命に葛藤しながらも過去と向き合い、運命を受け入れ、“本当の強さ”に目覚めていくシャン・チーを描いたドラマチック・アクション・エンターテイメントが始まる。

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」は 2021年9月3日 より劇場公開中です。

ソース:Shang-Chi’s Ten Rings Nearly Looked Entirely Different

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、マーティン・フリーマンさんが今後のシリーズへの関与を示唆

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」に出演しているマーティン・フリーマンさんが、海外メディア Collider とのイ …

【映画紹介】「アイアンマン」MCUのはじまりの映画【MCU Vol.1】

※本記事は軽微なネタバレを含みます。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。 あらすじ 中東での自社兵器のデモに参加していたトニー・スタークは、テロ組織に襲撃、拉致されてしまいます。その際 …

トム・ホランドさんが「スパイダーマン4」に言及、「常に作りたい」と考えている

ソニー・ピクチャーズとマーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン4」について、主演を務めるトム・ホランドさんが積極的に開発がスタートし始めている事 …

【噂話】映画「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」にトニーが帰ってくる?大人のモーガン・スタークも戻ると言う

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」にロバート・ダウニーJr.さん演じるトニー・スタークが帰ってくると、海外スクーパー …

マーベル・スタジオは脚本家起用の戦略を変更していると言う

マーベル・スタジオが映画やドラマの脚本家を採用するプロセスについて、これまでと大きく戦略を変更していると、インサイダーのジェフ・スナイダー氏が報じています。以前には監督についての戦略変更が報道されまし …

PREV
映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にヴェノムは登場するのか?トム・ハーディさんの気になる写真が発見される
NEXT
映画「エターナルズ」のイカリスはアベンジャーズのリーダーになるのか?リチャード・マッデンさんがコメント

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。