まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「マーベルズ」の驚くべき制作予算が明らかに

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最新映画「マーベルズ」の予算について、海外メディア VanityFair が黒人女性監督による映画として史上最高額の予算がついているとレポートしています。

sponsored link
 

黒人女性監督によるこれまでの史上最高額の予算で作られた映画は2018年公開(日本未公開)のエイヴァ・デュヴァーネイ監督によるディズニー映画「リンクル・イン・タイム」で、約1億ドルで制作されている事が当時のニュースで報じられています。

ニア・ダコスタ監督の「マーベルズ」はこれを超える予算がついているようで、VFは具体的な数字を記載していませんが、Comicbook.com は1億3000万ドルほどになっているだろうと指摘しています。

しかしMCUの中で見ると「マーベルズ」のこの予算は「アントマン」1作目と同じ金額であり、MCUの1作目である「アイアンマン」の1億4000万ドルを下回るMCUの中で最も低価格で作られた映画となるようです。(米Wikiより)

ちなみに「ロキ」シーズン2で1億4000万ドル「シークレット・インベージョン」で2億1000万ドルとも報じられています。

前作にあたる「キャプテン・マーベル」の予算は1億5000万ドルほどの予算で、MCU初の女性監督となるアンナ・ボーデン監督によって制作され、当時は女性主人公の映画の最高売上を公開3日で更新するなど話題となり、最終的には11億ドルを超える興行収入を記録しました。

「マーベルズ」は現在アメリカで進行中のストライキの影響で主演のブリー・ラーソンさんたちが映画のプロモーションに参加出来ておらず、広告不足による売上への影響も懸念されています。しかしながら米国ではこの秋注目の映画ランキング1位にも選ばれており、数字と物語の内容の双方に注目されています。

映画「マーベルズ」は 2023年11月10日 に劇場公開予定です。

ソース:Nia DaCosta, Barrier-Breaking Director of The Marvels, on Navigating the Blockbuster Machine

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」監督がとある2つのシーンがなければMCU史上最悪の映画になる所だったと明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のライアン・クーグラー監 …

映画「シャン・チー」シム・リウさんが「アベンジャーズ5」出演の可能性についてかなり確信していると語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の主演を務めたシム・リウさん …

映画「ブラックウィドウ」の新たなポスターが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」から新たなポスターが公開されました。ナターシャ・ロマノフを始めとした、 …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、イベントにミス・ミニッツ女優やヤングアベンジャーズが登場

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」のレッドカ …

テヨナ・パリスさん、モニカ・ランボーとキャロル・ダンバースの関係性について明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」でキャプテン・モニカ・ランボーを演じる女優のテヨナ・パリスさんが海外 …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。