まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ベネディクト・カンバーバッチさん、「スパイダーマン:NWH」は「最も野心的な映画」と説明したトム・ホランドさんに反論 ─ 賛否両論の作品に

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にドクター・ストレンジとして出演するベネディクト・カンバーバッチさんが海外メディア Variety とのインタビューの中でスパイダーマン最新映画に関する質問に回答しました。

カンバーバッチさんはインタビューの中で「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は賛否両論となるだろうと述べました。

ええ、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」はとても、とても楽しい作品になるでしょう。賛否両論あると思いますが、大胆で素晴らしいコンセプトですからね。私はまだ見ていませんが、誰が見てもそう感じると思います。また、彼らがそのようなアイデアを探求するという全体的な機会にもとても興奮しています。だから、この作品がどうなるのか、とても興味があります。でも、きっとヒットすると思いますよ。

どのようなポイントに対して賛否両論となるのかは明かされませんでしたが、とても気になる所。トム・ホランドさんとマーベル・スタジオとの契約はこれが最後であり、MCUでのスパイダーマンは現状でこれが最後の作品となります。こういった事から、賛否両論になるのはスパイダーマンの退場の仕方という可能性はひとつ考えられそうです。ただし、トム・ホランドさんはオファーがあればすぐに戻るともコメントしている通り、今後「アベンジャーズ5」や「スパイダーマン4」に登場する可能性も残されている事を明かしています。

さらに、以前に放送された「Awards Circuit Podcast」で主演のトム・ホランドさんが「これまでに作られた中で最も野心的な単体のスーパーヒーロー映画だと思います」とコメントしたことに対して同意できるか聞かれたカンバーバッチさんは、「うーん、ドクター・ストレンジ2が公開されるまではね(笑」自身の作品のほうがより野心的である事を主張しました。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」も「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」もともにマルチバースをテーマにした作品であり、双方ともに様々な憶測を呼んでいます。

どちらも別世界、つまりMCUと関係のなかった映像作品の世界から複数のキャラクターが登場すると見られており、まずは「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に2004年公開の「スパイダーマン2」からドクター・オクトパスが登場することが予告動画にて明かされています。

他のスパイダーマンシリーズのスパイダーマンやヴィラン達の登場も噂されている本作、次の予告でも新たなキャラクターが公開されるのでしょうか?

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2021年12月17日 米国公開予定です。

sponsored link
 

ソース:Benedict Cumberbatch Says ‘Doctor Strange 2’ Will Challenge ‘Spider-Man: No Way Home’ as ‘Most Ambitious Superhero Film’

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

ブリー・ラーソンさん、4年前の「キャプテン・マーベル」のキャスティング発表を記念して舞台裏写真を公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・マーベル」において、4年前にキャスティングが発表された時にブリー・ラーソンさんが主人公のキャロル・ダンバース/キャプテン・マーベルを演 …

MCU版「ブレイド」の元脚本家が先日の報道に対して「見たことがない」と言及

マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブレイド」の脚本家として参加していたマイケル・スターバリーさんが、昨日の Variety の報道に対して反論しています …

「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」に出演のイスマエル・クルス・コルドバさん、マーベルと話し合いをしていると明かす

ドラマ「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」でシルヴァン・エルフの戦士アロンディル役を演じるイスマエル・クルス・コルドバさんが、海外メディア Variety とのインタビューでマーベル・スタジオと何ら …

キンゴ役クメイル・ナンジアニさんは「エターナルズ2」についてまだ何も知らないと言う

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」でキンゴ・スネンを演じたクメイル・ナンジアニさんが、海外メディア TotalFilm とのインタビューで「エ …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」、映画「スパイダーマン3」、アトランタで間もなく撮影開始と報じられる

新型コロナウイルスの影響で映像業界でも多くの作品が多大な遅延を余儀なくされていますが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)においても例外ではありません。 そんな中、ディズニープラスで配信予定 …

PREV
映画「ブラックウィドウ」フローレンス・ピューさん、今後MCUでエレーナとチームを組ませたいキャラクターを明かす
NEXT
映画「ブラックウィドウ」オルガ・キュリレンコさんが将来のMCU再登場について語る

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。