まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

ドラマ「ロキ」監督がエンドゲームのスティーブ・ロジャースが分岐イベントを発生させたか説明

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のケイト・ヘロン監督が、2019年の映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」のラストにおいて、スティーブ・ロジャースがネクサスイベントを発生させ、TVAに剪定されてしまったのかを、海外メディア The Direct とのインタビューの中で説明しました。

sponsored link
 

スティーブ・ロジャースとペギー・カーターの象徴的なシーンについて聞かれた監督は以下のように述べました。

だから!このことについて考えていたの(笑)。興奮していますよ。決定的な答えではないので、みんなに怒られるかもしれませんが、私はファンとしてしか答えられないんですよね。私の理論はこうです。それは、あなたが楽観主義者か悲観主義者かということに尽きると思います。楽観主義者であれば、二人がそのように生きていてもよかったのかもしれませんし、剪定する必要がないほど枝がひどくなかったので、二人が一緒にいられたのかもしれません。ロマンチックな人たちは、なんとかそれが存在していたと言えるのかもしれません。そして、悲観主義者は、「きっと剪定されたんだろうな(笑)」と思うのです。

監督はどちらの可能性もあり得ると、自分の説を詳しく説明しています。

私の頭の中では、一般的に枝は剪定され、その後維持されなければならないと考えています。でも、それは場合によります。例えば、それが別のものであれば、それは我々のメインのタイムラインと並行していることを意味します。剪定されたとは断定したくありませんが、TVAの論理ではおそらくそうでしょう。しかし、意志があるところには方法があり、彼らはあまり混乱することなく、なんとか幸せに暮らしているのかもしれませんね。

監督は分岐の小さな枝に関しては剪定せずに維持されるケースもあると考えているようで、スティーブとペギーは幸せに暮らしている可能性を支持しました。

マーベル・スタジオの公式設定というわけではありませんが、今の所はこういった考え方で問題ないようです。「ロキ」最終話でミス・ミニッツがロキにいくつか提案した事を考えても、多次元間戦争に繋がらないような分岐であれば見逃されるのは自然な事であるとも言えそうです。

ドラマ「ロキ」シーズン1はディズニープラスで全話配信中です。

ソース:Was Captain America’s Avengers: Endgame Ending a Nexus Event? Loki Director Responds (Exclusive)

-ドラマ, 映画
-, ,

執筆者:

関連記事

アラクア・コックスさんがドラマ「エコー」の撮影終了を報告

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「エコー」の主演を務めるアラクア・コックスさんが、本作の撮影が終了したことを自身のInstagramにて報告しました。「エ …

あなたが気づかなかったかもしれない「ワンダヴィジョン」トレーラーの10のポイント

先日公開されたディズニープラス独占配信のドラマ「ワンダヴィジョン」のトレーラーは公開から24時間で5300万回再生に達し、ドラマのトレーラーとしては最高記録だと海外メディアのDeadlineが報じまし …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」2話のイースターエッグをピックアップ

2021年3月26日配信のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」エピソード2「星条旗を背負う者」のイースターエッグを中心に原作設定や今後の予想などをご紹介。 ※この先はシリーズのネタバレ …

エリザベス・オルセンさん、ポール・ベタニーさん、二人で「ワンダヴィジョン」のテーマソングを歌う予定だった事を明かす

今週金曜日から配信スタートとなるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」に出演するエリザベス・オルセンさんとポール・ベタニーさんが、同作のテーマソングを歌う計画があっ …

ドラマ「シーハルク」のグッズよりキャラクターの外観が明らかに

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク」の公式グッズの予約が米国の各種オンラインショップにて始まり、タチアナ・マズラニーさん演じるシーハルク/ジェニファー・ウォルターズの外 …

PREV
モバイルゲーム「マーベル・フューチャーレボリューション」8月25日より全世界同時リリース
NEXT
ドラマ「ロキ」、監督が削除された2012年のスタークタワーのシーンについて言及

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。