まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ロキ」、監督が削除された2012年のスタークタワーのシーンについて言及

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のケイト・ヘロン監督が、予告動画に含まれていたにも関わらず、本編で見ることが出来なかった2012年のスタークタワーのシーンについて、海外メディア The Direct とのインタビューの中で解説しました。

sponsored link
 

監督はこのシーンについて、「アベンジャーズが到着する前」の出来事だったと明かしています。

©2021 MARVEL,Disney

もともとは、アベンジャーズが到着する前に、鏡の中の彼だけが映っているという設定で撮影していたのですが、それが実現しました。それがオープニングになっていたと思います。

さらに監督はこの幻のオープニングシーンについて詳しく語りました。

トム・ヒドルストンのシーンは、2012年に公開された『アベンジャーズ』の「ニューヨークの戦い」で、「何かが始まる前」に登場する予定でした。もともとは、ショーのオープニングとして書かれていたのですが、それを外して、映画の内容を追加したんです。でも本来は、アベンジャーズの前なので、実際には前からあったはずなんですが・・・思い出せません。その日の早い時間帯を想定していました。基本的には、何かが始まる前です。だからこそ、私たちは構造的に「クールだけど、もっと大きなモンタージュの一部にしたいようだね」と言っていたのだと思います。

私たちは、このシーンを編集していたとき、番組のオープニングとして最もダイナミックで手に汗握るものではないと感じていました。私たちは、映画では使われていない映像、例えば、手を振るシーンやアップの映像に興奮しました。それを撮影しました。しかし、私にとっては、彼が逃げるシーンのPOVをひねって、そこから始めることが重要だったと思います。そういう意味では、靴の革のような感じでした。このシーンは実際には必要ありませんでした。テンポ的にも、番組のオープニングとしてはダイナミックさに欠けると思ったのです。

最終的に、このオープニングの可能性を排除する決定を下したのは、”本題に入る “必要があるとチームが判断したからと説明しました。

私たちは、本題に入るべきだと考えました。これで伝わるのかしら?ただ、それに没頭するだけです。今、ちゃんと思い出そうとしています。基本的には、あなたがおっしゃったように、構造的な理由で、どこに行くのか、「実際の映像との整合性はどうか、ロキはどこにいるのか」ということだったと思います。私たちにとっては、正直なところ、ペースの問題だったと思います。とにかく夢中になってやってみよう、という感じでした。砂漠にたどり着くために、早く進めよう、と。

5話の時点でこのシーンが登場しなかった事で、予告をじっくり観察していた一部のファンは6話でロキが2012年に戻るのではないかと推測していましたが、実際には上記のような理由でカットされたオープニングシーンの一部であった事が判明しました。

ドラマ「ロキ」シーズン1はディズニープラスで全話配信中です。

ソース:Loki Director Reveals Tom Hiddleston’s Deleted Opening Scene In Stark Tower (Exclusive)

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ロキ」、脚本家が「エージェント・オブ・シールド」について言及

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の脚本を務めるマイケル・ウォルドロンさんが、海外メディア Fandom とのインタビューの中で、フィル・コールソンの復活について質問され、 …

ドラマ「ワンダヴィジョン」脚本家がエピソード5のラストについて経緯を明かす ─ 「簡単ではなかった」

現在配信中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」は、最新話となる第5のラストで衝撃的な展開を迎え、ファンを驚かせました。本作で脚本を務めるジャック・シェイファーさ …

ドラマ「ムーンナイト」、主演はオスカー・アイザックさんに確定か ─ 撮影監督が意味深な投稿

昨年12月に行われた株主向けのイベントにて、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」は主演の発表等が行われず、あまり情報が出ませんでした。先日、カナダの撮影監督グレゴリー …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」新トレーラー8つの注目ポイント

昨日公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」のスーパーボウルトレーラーから、今作の注目ポイントをピックアップしてみました。これまで …

マーベル・スタジオ社長がS.H.I.E.L.D.とヒドラのMCUへのカムバックについてコメント

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」のバーチャル・グローバル・プレス・カンファレンス中に、MCUの今後におけるS.H.I.E.L.D.とヒド …

PREV
ドラマ「ロキ」監督がエンドゲームのスティーブ・ロジャースが分岐イベントを発生させたか説明
NEXT
シルヴェスター・スタローンさんが映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」に帰ってくる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。