まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」脚本家がレッドスカルとフラッグスマッシャーズの共通点について意識していなかったと明かす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の脚本を担当したマルコム・スペルマンさんがILACOINのYouTube番組「Everybody Loves a Good Story」にゲストとして登場し、大ヒットしたこのドラマについて語りました。その中で、ヴィランとして登場していたフラッグスマッシャーズと、映画「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」のヴィランであるレッドスカルとの共通点について意識していなかった事を明かしました。

当ブログでも気になるポイントとしてピックアップしていたレッドスカルと(フラッグスマッシャーズの)カーリが同じようなセリフを話している事について、スペルマンさんはまったく意識していなかったと述べました。

Images from 映画「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」©MARVEL,Disney

私は中途半端にファンを失望させてしまいました。確かに、ライターズルームにいる脚本家は全員、キャップの映画を何度も見ていますし、レッドスカルのシーンは絶対に見ています。なぜなら、スーパーヒーローのアイデンティティや覇気が行き着く先として、ジモがレッドスカルを参考にすることはわかっていたからです。力のあるスーツは、常にあなたをそのような場所に連れて行きます。フラッグスマッシャーに向けられたそのセリフは、少なくとも意識的には捉えていませんでした。誰もがシリーズの前に1作目を5回は見ていたので、潜在意識の中でどんなつながりがあったのかはわかりません。フラッグスマッシャーズに言わせた時、誰もあのセリフとレッドスカルの関係を理解していませんでした。

また、スペルマンさんは制作が進む中で元がなんだったか分からなくなる事があると明かしました。

「偉大な芸術家は盗む」という有名な言葉がありますよね。基本的に、すべてのアーティストは他のアーティストを見て、そこからヒントを得て、自分のものにします。バッキーとサムの二人芝居なら、『48時間』や『リーサル・ウェポン』のようなものですよね。でも、完成した時にはそんな風にはなっていません。進行中に進化していくんです。このような研究をしていると、何を拾っているのかわからなくなってしまうのです。

ファンセオリーの中にはカーリはコミックのカール・モーゲンソウとレッドスカルの娘シンをミックスしたものではないか、というものもありましたが、今回のインタビューでレッドスカルとカーリの共通点は意図的なものではなかった事が明かされました。

ドラマの最終話ではフラッグスマッシャーズと志を同じくするものがまだ残っている描写がありましたが、今後そこを中心に第2のレッドスカルが現れる可能性はあるかもしれません。

sponsored link
 

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」シーズン1はディズニープラスで全話配信中です。

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

エリザベス・オルセンさんはドラマ「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」に登場するか分からないと言う

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」でスカーレットウィッチ/ワンダ・マキシモフを演じたエリザベス・オルセ …

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」とドラマ「エージェント・オブ・シールド」の関連性は?

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」にデヴィッド・ダスマルチャンさんが演じるカートの再登場が確認された事が先日報じられまし …

ドラマ「ムーンナイト」第3話でカメラマンが写り込んでいる事が発見される

ディズニープラスで配信中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」シーズン1のエピソード3「エネアドの決断」で、とあるシーンに撮影クルーが写り込んでしまっている事が発見さ …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」からジョン・ウォーカーのキャラクターポスターが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の新たなキャラクターポスターが公開されました。1話のラストで登場し、2話ではスポットを浴びる事になっ …

チャーリー・コックスさんが来月からドラマ「エコー」の撮影に入ると報じられる

Netflixのドラマ「デアデビル」やMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」でデアデビル/マット・マードックを演じた俳優のチャーリー・コックスさん …

PREV
映画「ソー:ラブ&サンダー」、この夏にニューヨークで追加の撮影があると報じられる
NEXT
【噂話】映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」の重要な役としてスタジオが10歳前後の女の子を探していると報じられる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。