まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」撮影現場で血まみれの【ネタバレ】が目撃される

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」の撮影現場にて、血まみれの特殊メイクを施した俳優が目撃され、そのキャラクターの残酷な運命の結末について、多くの海外ファンが悲鳴を上げています。

※これより先は「デアデビル:ボーン・アゲイン」のネタバレを含んでいる可能性があります。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

先日、厳戒態勢での撮影が目撃されていた本作ですが、今回はカレン・ペイジを演じるデボラ・アン・ウォールさんが血まみれになっている姿が目撃されました。(Redditの機能で画像にぼかしが入っています。中央のViewボタンをクリックで解除されます)

DAREDEVIL: BORN AGAIN – Karen Page covered in blood. (Via stevesandsnyc on IG)
byu/NerdAlQuadrato inMarvelStudiosSpoilers

それとは別の写真では地面に横たわるフォギー・ネルソンの姿とその近くに立つカレンが目撃されており、フォギーの血を浴びたものと推測されています。

しかしながら、スクーパーは彼らの最期について複数のパターンが撮影されているとも指摘。

脚本が彼らの運命を決めかねているのか、あるいは真実を隠すために複数のフェイクシーンを撮影している可能性があるようです。こういった手法は「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」や「アベンジャーズ/エンドゲーム」でも取られていた手法であるため大いに有り得る事であり、現時点で彼らの最終的な運命がどうなるかは何とも言えないようです。

書き直し前の脚本ではカレン、フォギーともにヴィランに殺害された後から物語が始まるとも噂されていましたが、どのような展開になっていくのでしょうか。

ドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」はディズニープラスで配信予定です。

sponsored link
 

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ロキ」シーズン2、監督が別のエンディング案があった事を明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」シーズン2の監督コンビのジャスティン・ベンソンさんとアーロン・ムーアヘッドさんが、キャンセルされた別のエンディング …

【噂話】「デアデビル:ボーン・アゲイン」前半の撮影が終了、後半は11月から撮影開始とも

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」の撮影が終了したと、海外スクーパーが報じました。また、別のスクーパーは後半の撮影が11 …

マーベル・スタジオは20以上の未発表プロジェクトを進行中と報じられる

2008年公開の映画「アイアンマン」から2021年の「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」までの間に、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)は映画27作品とディズニープラスシリーズ5作品が制 …

ドラマ「ワンダヴィジョン」より「Mr.インクレディブル」にインスパイアされたコンセプトアートが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」より、新たなコンセプトアートが公開されました。マーベル・スタジオのコンセプトアーティストでありビジュア …

「インディ・ジョーンズ」ショートラウンド役ジョナサン・キーさんが「ロキ」シーズン2出演について語る

マーベル・スタジオが制作するドラマ「ロキ」シーズン2への参加が明らかになった「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説 」(1984年)の俳優ジョナサン・キー・クァン(キー・ホイ・クァン)さんが、ポッドキャス …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。