まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

マーベル・スタジオのプロデューサーが映画「エターナルズ」後のエロスについて言及

投稿日:

マーベル・スタジオのプロデューサーを務めるネイト・ムーアさんが、海外メディア Deadline の Crew Call Podcast に出演し、映画「エターナルズ」に登場したハリー・スタイルズさん演じるスターフォックス/エロスの今後について言及しました。

sponsored link
 

2021年公開の「エターナルズ」のミッドクレジットに登場したエロスは今後の活躍が期待されているキャラクターの一人ですが、2022年に発表されたMCUの今後のスケジュールでは、エロスが再登場する余地が一見無さそうに見えることで、一部のファンは不安視しています。

こういった現状についてムーアさんは「ただの演出として起用したわけではありません。」とした上で、「あのキャラクターにはもっと語られるべき物語があります。」と今後の展望がある事を明かしました。

「エロスはとても魅力的です。彼はサノスと実に興味深いつながりを持っています。彼らは異母兄弟で、同じ父親を共有しています。複雑なキャラクターですが、とても楽しいキャラクターです。そして、ハリー・スタイルズに会ったことがありますが、彼はあなたが望む通りの魅力的な人物だと思います。そして、彼を復活させたら、そのキャラクターがどれだけ良くなるかは無限大だと思っています。」と語りました。

エロスは本質的に宇宙を舞台にするキャラクターである事から、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」へのカメオなどが噂された時期もありましたが、ガーディアンズのジェームズ・ガン監督はこれを否定しています。

また、ムーアさんはエロスについて「彼はコミックでたびたび問題を起こしています。それが原因で私は彼に愛着を持ちすぎているのかもしれません。」と評しました。

コミックでこのキャラクターの生み出したジム・スターリン氏は、彼が「ソシオパス(反社会的、良心欠落者)」で「セクシャルプレデター(性に奔放)」な人物であることから、MCUがこのキャラクターをどう扱うか「見当もつかない」とコメントしていました。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は「エロスとピップの冒険は私たちにとってとてもエキサイティングなことなんだ。」と発言しており、彼らのスピンオフ作品の可能性を示唆していますが、今のところそれらの計画が進んでいるというようなリークも耳にすることはありません。

現状でエロスの再登場が期待されるのはやはり「エターナルズ2」であり、こちらに関してはギルガメッシュを演じたマ・ドンソク(ドン・リー)さんの所属事務所の発表により制作計画が現実的になっている事が明らかになっています。また、エロスの仲間ピップを演じたパットン・オズワルトさんはクロエ・ジャオ監督が引き続き担当するとも語っています。

映画「エターナルズ」はディズニープラスで配信中です。

ソース:Producer Nate Moore On Pivoting ‘Black Panther’ After Chadwick Boseman’s Death And “More Stories To Be Told” With Harry Styles – Crew Call Podcast

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」の広告がトニー・スタークを引き合いに出して話題に

マーベルとは競合他社にあたるDCコミックスのヒーロー、バットマンの最新映画THE BATMAN-ザ・バットマン-」の公開を3月に控える中、バットマンとは関係のないアイアンマン/トニー・スタークを利用し …

映画「エターナルズ」に続編はなし?スタジオ・プロデューサーがコメント

今週末の公開を控えているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」の次回作について、多くの海外メディアがはやくも注目し話題を取り上げる中、マーベル・スタジオのプロデューサー、 …

マーベル・スタジオがアラン・ヤン監督と面会 ─ 新作の監督候補か

海外メディアのCineXpressが行ったアラン・ヤン監督とのインタビュー動画で、彼がマーベル・スタジオのボス、ケヴィン・ファイギ氏と面会していたことが明らかになりました。 マーベル・スタジオはこれま …

キアヌ・リーブスさんがマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長と面会した事を認める

俳優のキアヌ・リーブスさんが映画「マトリックス レザクレクションズ」のプロモーションとして海外メディア Comicbook.com とのインタビューに応じた中で、あらためてMCU(マーベル・シネマティ …

クリス・ヘムズワースさんが「ソー5」に向けた展望の一部を明らかに

マーベル・スタジオが制作したMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」などでソーを演じたクリス・ヘムズワースさんが、海外メディア Comicbook.com のジョシ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)
◆2024年5月3日「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」(日本未定)
◆2024年7月26日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。