まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

デスティン・ダニエル・クレットン監督が映画「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」の噂について言及

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」にデスティン・ダニエル・クレットン監督が起用されているという噂について、監督本人がニューヨーク・コミコン2022の中で行われた海外メディア Comicbook.com とのインタビューにて言及しました。

sponsored link
 

映画「シャン・チー2」、シャーリンのスピンオフドラマ、そしてドラマ「ワンダーマン」を開発中だと報じられている多忙な監督に、さらにアベンジャーズ5作目の噂が追加された事について、Comicbook.com のブランドン・デイビス氏が「あなたはアベンジャーズの人なんですか?ザ・カーン・ダイナスティの?」とたずねると、監督は「本当に?」と噂に驚く素振りを見せつつも、「ええ、そうだと思います(笑)」と認めました。

「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」は 2025年5月2日 公開予定で、「シャン・チー2」は 2025年2月14日 になるだろうと噂されており、2つの記録的大作映画を並行して撮ることはないだろうと考えられていました。そもそも監督はこの2つ以外にも上記にあるMCUドラマと、マーベル作品以外にも「アメリカン・ボーン・チャイニーズ」の監督に起用されています。

クレットン監督が今回アベンジャーズの噂を認めたことで、ハリウッドで最も忙しい監督になったか、あるいはシャン・チーやワンダーマンのプロジェクトが思いの外先に設定されている可能性もありそうです。

「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」の内容についてはまだ不明ですが、タイトルや原作コミックから征服者カーンが中心となるのは間違いありません。

征服者カーンはドラマ「ロキ」のラストに登場した「在り続けるもの」の変異体であり、映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」に登場する事が発表されています。そしてこのアントマン3作目の脚本を担当しているジェフ・ラヴネスさんが「ザ・カーン・ダイナスティ」にも起用されているといいます。

現在わかっている作品リストから、「ザ・カーン・ダイナスティ」に向けて「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」と「ロキ」シーズン2が深く関わってくると考えられています。

映画「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」は 2025年5月2日 米国公開予定です。

ソース:Destin Daniel Cretton Responds to Avengers: The Kang Dynasty Director News (Exclusive)

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ミズ・マーベル」、新予告「Connected」公開で映画との繋がりも

今週スタートのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」より新たなトレーラー「Connected」が公開されました。今回の動画には映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホー …

マーベル・スタジオが映画「ブラックパンサー」の舞台裏写真を公開

マーベル・スタジオが2018年に公開した映画「ブラックパンサー」の公開3周年を祝い、舞台裏写真を公式Twitterにて公開しました。「ブラックパンサー」は公開直後から大ヒットし、アカデミー賞の作曲賞、 …

ディズニー&マーベル・スタジオ、「ブラックパンサー2」の計画を再検討か

先日、映画「ブラックパンサー」の主演チャドウィック・ボーズマンさんが急逝し、世界中のファンや同業者が驚き、悲しみに暮れました。 sponsored link   海外メディアのハリウッド・レポーターは …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、新たなリーク写真はヴィランの影響を示唆か

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」の撮影現場でとられた新たな写真がSNS上で拡散されています。ガーディアンズシリーズでは珍しくない、 …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」が米国オープニング週末興行収入歴代3位に

先週公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」が記録的な大ヒットをしていると海外メディア The Hollywood Reporter が報 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。