まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【噂話】リヴ・タイラーさんが映画「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」に戻るために交渉中だと言う

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」にリヴ・タイラーさんが出演交渉中だと、海外メディア Giant Freakin Robot が報じました。タイラーさんは2008年公開の映画「インクレディブル・ハルク」でブルース・バナーの恋人エリザベス・”ベティ”・ロスを演じていました。

sponsored link
 

記事によると、リヴ・タイラーさんは「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」でベティ・ロスを再演するためにスタジオと交渉の席についているとの事。

補足として、ベティ・ロスは「インクレディブル・ハルク」のあと、アニメ「ホワット・イフ・・・?」シーズン1の3話にも登場しましたが、声優を務めたのはリヴ・タイラーさんではなく、ステファニー・パニセロさんでした。

科学者でもあるベティ・ロスはブルース・バナーとともにガンマ線実験に参加しており、その際の事故でバナーはハルクへと変貌しました。

もしブルース・バナーがドラマ「シーハルク」で宇宙へ行ったきり戻らないのであれば、「シーハルク」の黒幕が手に入れた血液から誕生すると考えられる新たなハルクタイプのモンスターに対処するために、ベティ・ロスの科学者としての能力が必要になる可能性があります。また、キャプテン・アメリカ最新作の敵がリーダー/サミュエル・スターンズである事と、彼とベティが面識があることも物語の重要な要素のひとつになりそうです。

そのモンスターはコミックの流れから考えてレッドハルクになると考えられていますが、コミックでレッドハルクになったベティの父、サディアス・ロスについて、亡くなられたウィリアム・ハートさんに代わってハリソン・フォードさんを計画中だと以前に報じられています。

しかし、このプランがうまくいかなかった場合、レッドハルクをキャンセルしてコミックのレッドシーハルクとしてのベティ・ロスを使用する可能性もあるかもしれません。また、ドラマ「シーハルク」の8話でレッドハルクの登場を牽制しているのも、こちらの可能性を推し進めていると見られています。

©MARVEL

コミックではリーダーとモードックが「死亡した(と思われていた)ベティ」の蘇生を条件に父親のサディアス・ロスをレッドハルクに変える実験を受けさせています。その際、リーダーたちインテリジェンシアはベティにも同様の実験を行い、ベティはレッドシーハルクへと姿を変えます。ベティは洗脳の影響を受けていた事もあり、誰よりも凶暴化し、父親であるレッドハルクすらも無慈悲にエンパイアステートビルから蹴り落としています。

そしてレッドシーハルクはハルクの息子スカーと戦い、重傷を負いましたが何とか一命を取り留め、洗脳も無事に解除されてその後はヒーローとしての活動をしています。

なお、コミックのベティ・ロスは(エージェント・オブ・シールドにも登場していた)グレン・タルボットと結婚していた時期がありますが、MCUでは紹介されない可能性が高いです。

「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」にシーハルクが登場するという噂も報じられており、ここでシーハルクvs.レッドシーハルクが描かれる事もあるかもしれません。

現状では出演交渉中との事で、ベティは科学者としての役割になるのか、レッドシーハルクとしての登場になるのかに分かれると考えられます。今後の情報には要注目です。

映画「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」は 2024年5月3日 米国にて劇場公開予定です。

ソース:Exclusive: Liv Tyler In Talks To Return To Marvel In Captain America 4

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

【ネタバレ注意】映画「シャン・チー」の新たなおもちゃリーク ─ POP!新作ラインナップが判明?

アメリカのフィギュアメーカー Funko! が展開するPOP!フィギュアシリーズから、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス」のライン …

映画「スパイダーマン:NWH」の魔法の箱に削除されたバックストーリーがある事が明らかに

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の物語の中心にあった魔法の箱マキナ・デ・カダヴスについて、VFX担当のエイドリアン・セイント・ギロンズさんが …

ジェームズ・ガン監督が「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」の素晴らしいカメオを示唆

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」のジェームズ・ガン監督が、本作では真のガーディアンズファンのための素晴らしいカメオがあると、自身の …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、VFXSVが話題になったトレーラーの編集ミスについて説明

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は公開前から様々な噂が飛び交っていましたが、2021年11月にブラジルで公開されたトレーラーに編集ミスがある …

チャドウィック・ボーズマンさんに哀悼の意を表して、マーベルがトリビュートを公開

現地時間28日、マーベル・スタジオの映画「ブラックパンサー」(2018年)で主役のティ・チャラ/ブラックパンサーを演じたチャドウィック・ボーズマンさんが、大腸がん(ステージ4)により米ロサンゼルスの自 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。