まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

マーベルが「プラネットX」の映画化を検討中?ヴィン・ディーゼルさんの投稿から明らかに

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズでグルートの声を担当しているヴィン・ディーゼルさんの投稿が話題になっています。先日更新されたInstagramによると、マーベルが「プラネットX」の映像化を進めているといいます。

sponsored link
 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Vin Diesel(@vindiesel)がシェアした投稿

ヴィン・ディーゼルさんは「姪から電話がありました。ヴィンおじさん、『アイ・アム・グルート』を作ってくれてありがとうって。才能あるクリスティン・レポーが脚本と監督を務めた短編映画です。最高の作品であり、私の天使たちと一緒にそれを見るのもまた最高です。マーベルが『プラネットX』の映画を作りたがるのも無理はありません。すべての愛を込めて。」と、姪っ子との愛らしいエピソードを紹介。

その中で、「プラネットX」の映画というワードが含まれており、海外メディアやファンがこれに反応しています。

マーベルにおいてプラネットXは異なるふたつの意味を持ち、ひとつはグルートの母星を指しています。グルートはプラネットXのフローラ・コロッサイで誕生し、追放されています。

もう一つはグルートとは関係がないはずの、X-MENシリーズのコミック「プラネットX」です。マグニートーとジーン・グレイを中心に描かれているコミックで、グルート役を担当しているヴィン・ディーゼルさんが言うからにはおそらく前者を指していると考えられます。

グルートを主役にして「アイ・アム・グルート」のセリフだけで2時間の映画を制作するのはかなり難しいようにも思えますが、母星を舞台に同族ばかり出てくる映画であれば、会話は地球の言語に翻訳されて制作されるのかもしれません。

今回の話題はかなり唐突に投げ込まれたものであり、多くのファンはこれがヴィン・ディーゼルさんのジョークなのか本当なのかを見極めかねています。また、制作スタッフのジョークをヴィン・ディーゼルさんが真に受けてしまった可能性も指摘されています。

少なくとも「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」や「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー VOl.3」にもプラネットXが紹介される余地はほとんどなさそうですが、「アイ・アム・グルート」シーズン2などがあればそこで登場する可能性は十分にありそうです。

アニメ「アイ・アム・グルート」シーズン1はディズニープラスで配信中です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ソー:ラブ&サンダー」、11種類の新たなオフィシャルポスターが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」より、キャラクターポスターやScreenX、RealD 3D、Dolby、IMAX向けポスターなど、 …

ジェームズ・ガン監督が映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」のストーリーボードをお披露目

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」のジェームズ・ガン監督が自身のTwitterで今作のストーリーボードを公開 …

映画「ブレイド」にアーロン・ピエールさんがキャスティング

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブレイド」にDCドラマ「クリプトン」に出演していたアーロン・ピエールさんがキャスティングされたと、海外メディア Deadl …

ケヴィン・ファイギ社長が今後のエターナルズやスパイダーマンについて言及

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が海外メディア MTV News とのインタビューに応じ、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の今後におけるエターナルズやスパイダーマンの冒険につい …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のワンダの衣装が公開される

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場するスカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフのスーツがリーガ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。