まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

アメリカチャベスのソロ作品が計画中?映画「ドクター・ストレンジ2」脚本家がほのめかす

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の脚本を担当したマイケル・ウォルドロンさんが、海外メディア Vanity Fair とのインタビューの中で、本作で初登場したアメリカチャベスについて語りました。

sponsored link
 

ウォルドロンさんは本作のキーパーソンとなったアメリカチャベスについて、「それは間違いなく僕がマーベルとサム・ライミ監督と協力して制作しました。この映画では、アメリカの物語を推進しようとするのと同じくらい、将来的に解決される謎を設定しようとするものです。彼女は家族を失い、それを彼女は探しているんです。」と述べました。

さらに「そしてそれは、意外なことに、私たちのドクター・ストレンジとウォンの中で彼女が見つけたものなのです。彼女は最後にカマー・タージに家を見つけるのです。また、アメリカ・チャベスの物語の次の章を設定しました。」と続けました。

そして「両親との関係については、もう少し後の話です。少なくとも僕には、最初は、その部分を少し抑えた方がいいんじゃないかと感じました。アメリカがソロ活動に入るときに、答え合わせをするような内容だと思ったからです。しかし、ストーリーを構築していくうちに、彼女についてもっと知りたいと思うようになりました。ストレンジも彼女のことをもっと知りたいと思うはずです。彼らの関係や会話に正直だったんです。」と語りました。

本作のアメリカチャベスは幼い頃に両親を失った事が明かされましたが、死んでいると思いこんでいるアメリカチャベスに対して、ドクター・ストレンジが可能性が残されていると助言するシーンもありました。

MCUではアメリカチャベスの能力として次元移動が描かれていましたが、コミックではアメリカチャベスの故郷ユートピア・パラレルの住人が使える能力であり、ウォルドロンさんの言うようにまだこの先の物語は十分に残されているようです。

今後の物語がある事を示唆されたアメリカチャベスですが、具体的な情報は発表されていません。しかし、2019年に Geeks Worldwide は、マーベル・スタジオがアメリカチャベスを中心としたディズニープラスシリーズを開発していることを報じました。

コミックではヤングアベンジャーズのメンバーでもあるアメリカチャベスですが、今後のマルチバースストーリーに対して重要な鍵を握るキャラクターでもあり、チーム結成の前に彼女自身のソロ作品でより深く探究する事は理に適っています。アメリカチャベスにはこの先どんな物語が待ち受けているのでしょうか。

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」は劇場公開中です。

ソース:The Illuminati World in Doctor Strange Is Even Darker Than It Seems

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

ネタバレ王の帰還?マーク・ラファロさんが映画「アベンジャーズ:TKD」のキャスティングを明かしてしまう

2025年に公開予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」に登場するキャラクターの一人がネタバレされてしまったかもしれません。MCUでハルク …

Netflixドラマ「アイアンフィスト」女優が映画「シャン・チー」の出演オファーがあった事を明かす

Netflix制作のドラマ「アイアンフィスト」にコリーン・ウィング役で出演していたジェシカ・ヘンウィックさんが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説 …

クリス・ヘムズワースさん、映画「シビル・ウォー」に出番がなくてクビになったと思っていた事が判明

2016年公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」ではアベンジャーズが二分され内戦する様子が描かれましたが、この時、出番のなかったソー役のクリ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」が2022年1位のオープニングを飾る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の北米でのオープニング週末の興行収入が1億8500万ドルを越えたと海 …

映画「ブラックウィドウ」訴訟問題がルッソ兄弟監督の新作契約を難航させていると報じられる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の主演を務めたスカーレット・ヨハンソンさんがディズニーを訴訟した件で、映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」などの監督を務めたルッ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。