まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【噂話】映画「デッドプール&ウルヴァリン」でクリス・ヘムズワースさんがデッドプールを演じる?

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」にクリス・ヘムズワースさんのカメオ出演が決まっているようだと、海外スクーパーが報じています。しかし、それはソーの再演ではなく、デッドプールの変異体を演じている可能性があるようです。

sponsored link
 

「デッドプール3の脚本家がクリス・ヘムズワースさんがカメオ出演すると述べた」とスクーパーは報告。もともとこれは海外で人気のある噂で、しばしばクリス・ヘムズワースさんバージョンのデッドプールのファンアートも見かけます。

まだ、「デッドプール3」にウルヴァリンの登場が発表されていなかった頃、クリス・ヘムズワースさんはここでウルヴァリンを演じてみたいと話していた事がありました。

また、「デッドプール&ウルヴァリン」の脚本を担当しているレット・リースさんとポール・ワーニックさんは以前にクリス・ヘムズワースさんと一緒に仕事をしており、カメオ出演の可能性について語っていた事がありました。

さらに2018年まで遡り、ライアン・レイノルズさんとクリス・ヘムズワースさんが役を交換しようとSNS上でやり取りしていた事もありました。

パズルのピースはかなり揃ってきているようにも見えますが、クリス・ヘムズワースさんのカメオは実現するのか、そして実現するのならソーとデッドプール、どちらでの出演となるのか、今後の情報にも注目です。

デッドプール&ウルヴァリン」の米公式あらすじは以下の通りです。

中年の危機を経験しながら職業上の挫折に直面した後、ウェイド・ウィルソンはデッドプールを正式に引退し、中古車のセールスマンになることを決意しました。しかし、友人、家族、そして全世界が危険にさらされているとき、デッドプールは引退生活から刀を持ち出すことを決意する。彼は、自分たちの生存だけでなく、最終的には彼らの遺産のために戦うために、消極的で警戒心のあるウルヴァリンをスカウトします。

映画「デッドプール&ウルヴァリン」は 2024年7月26日 に劇場公開予定です。

-映画
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のVFX制作過程が公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ルーカスフィルムの子会社でもあるVFX制作会社 Industrial Light&Magic 社が公式Youtubeチャンネルにて、MCU(マ …

映画「マーベルズ」の中国公開が決定するも、タイトルは「キャプテン・マーベル2」に変更

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」の中国公開が決定した事を米マーベル公式がアナウン …

映画「キャプテン・アメリカ4」、プロデューサーがコンセプトについて言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオのプロデューサーを務めるネイト・ムーアさんが、海外メディア Comicbook.com のポッドキャスト「Phase Zer …

エリザベス・オルセンさんがワンダのアクセントの変化について語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でスカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフを演じるエリザベス・オルセンさんが、海外メディア R …

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」のフィッツはMCUに戻りたくないと語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベルテレビジョン、ABC制作のマーベルドラマ「エージェント・オブ・シールド」でS.H.I.E.L.D.のエージェント、レオ・フィッツを演じ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。