まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

クリステン・スチュワートさんがマーベル映画には絶対に出ないと明言、ただし例外もあると言う

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

「トワイライト」シリーズのベラ・スワン役などで知られる米俳優のクリステン・スチュワートさんが、最新映画「Love Lies Bleeding」のプロモーションでポッドキャスト「Not Skinny But Not Fat」に出演。その際に、マーベル映画には絶対に出ないと宣言しました。

sponsored link
 

最近、クリステン・スチュワートさんのメンター的存在であるジョディ・フォスターさんがスーパーヒーロー映画批判をした事を受けて、「実際にそれはとんでもない悪夢みたいなものです。」と番組内で発言。

続けて「私はおそらくマーベル映画には決して出演しないでしょう」と述べた後、1つ例外があることを明らかにし、「でももしグレタ・ガーウィグが私にマーベル映画をやるように頼んだなら、出演するかもしれません」と語った。

出演したくない理由について、スチュワートさんは2019年の「チャーリーズ・エンジェル」での経験を振り返りました。

スチュワートさんはその撮影が楽しくなかったと述べ、「私は大作映画も好きです。人々に見てもらいたいからです。でもシステムは変わらなければなりません。そうでなければ、結果的に個人的な感情を全く感じることができないような、アルゴリズム的で奇妙な経験になってしまいます。」と語りました。

ここで例外としてあげられたグレタ・ガーウィグ監督は、2023年の「バービー」が大ヒット。

監督は Rolling Stone とのインタビューで、今後、アクション映画やスーパーヒーロー映画を手掛ける可能性について「ええ、もちろんです。」と述べました。

「恐らくすべての監督が、自分が作りたい映画のファンタジーベースボールリーグを頭の中で持っています。私が作りたい映画の中には、大きなキャンバスが必要なものもあります。同時に、多くの監督が大きな映画と小さな映画を行き来しているのを見てきました。クロエ・ジャオは『ノマドランド』を手掛け、『エターナルズ』も制作しました。あるいはスティーブン・ソダーバーグ、あるいは私のウィークエンド・バディであるクリス・ノーラン。彼は『ダークナイト』三部作を制作しました-それらは素晴らしいです-そしてその後、『プレステージ』を制作しました。それは小さな映画ではありませんが、同じものでもありません。私はたくさんの異なる世界で遊びたいです。それが目標です。」

結局のところ、ファンが見たいのはコミックやヒーロー好きを公言するようなニコラス・ケイジさんやノーマン・リーダスさんのような俳優であり、ガーウィグ監督が今後MCUに参加する事があったとしても、クリステン・スチュワートさんのような俳優が起用される事はファンの反感を買うだけかもしれません。

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」より、未使用に終わった悪魔たちのアートが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」(2021年)より、ター・ロ …

映画「ブラックウィドウ」の舞台裏写真が公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」から、本作の公式スチルカメラマンであるジェイ・メイドメントさんが自身の …

映画「モービウス」の世界は消えてなくなる?

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」のユニバースが消滅の危機に見舞われていると話題にな …

映画「ザ・マーベルズ」にパク・ソジュンさんがキャスティングされたと報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ザ・マーベルズ」にパク・ソジュンさんがキャスティングされたと、スターニュースコリア(Th …

映画「デッドプール3」よりデップーvs.ウルヴァリンの戦闘ビデオが流出

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール3」より、ライアン・レイノルズさん演じるデッドプ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。