まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

【噂話】MCUのデイジー・ジョンソンは新しく描かれるという

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベルテレビジョン制作のドラマ「エージェント・オブ・シールド」に登場していたデイジー・ジョンソンが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)への登場にあたって新しくそのオリジンが描き直されるようだと、複数の海外スクーパーが報じています。

sponsored link
 

the watcher氏は「ファイギとスタジオは「エージェント・オブ・シールド」を別の世界として扱っていることが確認できました。616のデイジーは新しいオリジンを持ちますが、熱烈なファンへの配慮として、AoSのストーリーの側面が取り入れられる予定です。AoSのクリエイティブ・チームも祝福しています。」と、MCUのデイジーが新たな物語を持ちながらも、ドラマ版を台無しにしない計画がある事を報じています。

そして、KC Walsh氏はこのツイートを引用して、Netflixドラマのキャラクター(デアデビルやキングピンなど)が同様になる事を示唆しています。

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」でデイジー・ジョンソンを演じたクロエ・ベネットさんはドラマ「シークレット・インベージョン」での再登場の噂を否定していますが、ベネットさんは秘密のプロジェクトのために実写版「パワーパフガールズ」のプロジェクトを降板している事が報じられています。また、最近ではシャン・チーとのツーショット写真を公開していました。

ドラマではフィル・コールソンのバディ的な位置づけとして描かれたデイジー・ジョンソンですが、MCUでデイジーの再登場の実現が見えてくるにつれてコールソンがどうなるのかという疑問も出てきます。クロエ・ベネットさんの非公開のプロジェクトの報道があってまもなく、コールソンを演じたクラーク・グレッグさんもまた秘密のプロジェクトについての投稿をしていましたが、関係性は不明です。

クラーク・グレッグさんは以前のインタビューでコールソン復活の噂について言及し、「噂は聞いたことがあります。」と反応し、否定も肯定もしませんでした。

また、ドラマのファイナルシーズンが放送された当時のインタビューではMCUにデイジー、フィッツ、ジェマの3人を登場させるべきだと語っていました。

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」は全シーズン、ディズニープラスで配信中です。

sponsored link
 

-ドラマ, 映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ワンダヴィジョン」のタイラー・ヘイワードは何者なのか ─ 鍵は「エージェント・オブ・シールド」?

マーベル・スタジオが制作するドラマ「ワンダヴィジョン」の4話にてS.W.O.R.D.の臨時長官として新キャラクター「タイラー・ヘイワード」が登場しました。このキャラクターは原作コミックにはいないキャラ …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、トム・ホランドさんが噂について「否定しても誰も信じてくれない」と語る

ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の主演を務めるトム・ホランドさんが、海外メディア GamesRadar とのイ …

ディズニープラスがMCU以外の作品をマーベルレガシーとしてリブランド

動画配信サービス「ディズニープラス」の米国版ホームページがリニューアルされ、マーベルの映像作品がとてもわかりやすくなったと報じられています。また、旧20世紀FOXの「X-MEN」を代表とした、MCU( …

ドラマ「ミズ・マーベル」、撮影監督がシーズン2の可能性について言及

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」の撮影監督を務めたジュール・オローリンさんが本作のシーズン2の計画について、海外メディア Comicbo …

映画「マダム・ウェブ」監督インタビューでアダム・スコットさんとエマ・ロバーツさんのキャラが判明

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」のS.J.クラークソン監督が Youtube 番組のインタビューの中で、現在、公式にキャラクターが発表さ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。