まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」、ジャンカルロ・エスポジートさんが役のヒントを提供─「興奮してもらえる」とも

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」に出演する事が発表されたジャンカルロ・エスポジートさんが、現在、公式に未発表なその役について、最新のインタビューでヒントを提供しました。

新作ホラー映画「MaXXXine」のプレミアイベントに出席したジャンカルロ・エスポジートさんは、海外メディア Deadline とのインタビューでキャプテン・アメリカ最新作でのキャラクターについて次のように述べています。

別の作品(ブレイキング・バッド)では、私はガス・フリングとして凄腕で、知的な部分を少し見せたことがありますが、MCUで私を見たら、本物の凄腕を目にすることになるでしょう。それがとても楽しみです。演技は、体のすべての部分、感情、感覚、気持ちを使って何かを表現することです。しかし、これまでに見たことのない方法で私が体を使うのを見てもらうことになるでしょう。MCUは本当にエキサイティングです。誰を演じるのかは言えませんが、見たらきっと興奮して貰えるでしょう。

エスポジートさんはかつてはマグニートーやドクター・ドゥームを演じるのではないかと噂されていましたが、しばらくたって出演の噂を認めつつも役は噂どおりではないと説明。さらに後になってから撮影現場で目撃されましたが、その衣装はどこか傭兵風で、確かにマグニートーやドクター・ドゥームの独特なデザインとは異なっている事が確認されていました。

また、エスポジートさんの以前の説明によると、「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」での出番は紹介程度となり、メインはディズニープラスで配信予定の何らかのドラマシリーズであるとされています。

今のところこのキャラクターの秘密は守られており、「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」の公開を待つしかありません。しかし、場合によっては映画内でも十分な解を得られない可能性もあり、引き続きこの謎のキャラクターに注目となっています。

sponsored link
 

本作はアンソニー・マッキーさんが主人公キャプテン・アメリカ/サム・ウィルソンを続投する他、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」からダニー・ラミレスさん演じるホアキン・トレス、カール・ランブリーさん演じるブラック・キャプテン・アメリカ/イザイア・ブラッドリーが再登場。

その他、ヴィランとして映画「インクレディブル・ハルク」よりティム・ブレイク・ネルソンさん演じるザ・リーダー/サミュエル・スターンズが再登場し、故ウィリアム・ハートさんに代わってハリソン・フォードさんがサディアス・”サンダーボルト”・ロスとして登場。また、リヴ・タイラーさんが撮影現場で目撃されており、サディアスの娘ベティ・ロスを「インクレディブル・ハルク」ぶりに再演すると見られています。

映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」は 2025年2月14日 、米国にて劇場公開予定です。

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、ライラ役声優が判明か

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」に登場するカワウソのライラ(またはリラ)のボイスアクターが判明したと …

ライアン・レイノルズさん、映画「デッドプール3」に継続されるキャラを示唆か

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)として最新作の開発がいよいよ動き出した映画「デッドプール3」に関して、主演のライアン・レイノルズさんがとあるキャラクターの継続出演を示唆しているのではない …

【ネタバレ注意】「デッドプール&ウルヴァリン」、公式グッズより映画の概要が明らかに

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」の新たな概要が明らかになったと、海外メディア CBM が報じています。記事によると、ショッ …

映画「モービウス」が 3月1日 に米ディズニープラスで配信へ

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」が 2024年3月1日(現地時間)から、米国のディズニープラスで配信される事が明らかとなりました。劇場公開か …

マーベル・スタジオ副社長、「シャン・チーはシム・リウ以外の選択肢はなかった」事を明かす

マーベル・スタジオ制作の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のワールドプレミアイベントで、マーベル・スタジオのビクトリア・アロンソ副社長が海外メディア Variety とのインタビューに応じ、シ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。