まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

マーベル・スタジオはサヴェッジランドを本格的に紹介していくのか?

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の第2弾トレーラーが公開され、その一部に恐竜が映っていた事から、コミックファンの多くはいよいよサヴェッジランドの導入が始まるのではと期待を高めています。

sponsored link
 

MCUではこれまでにワカンダ、ソコヴィア、マドリプールなど、コミック原産の架空の土地を実写化し紹介してきましたが、新たな土地「サヴェッジランド」が「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」で登場するかもしれません。

2ndトレーラーのチェックポイント記事でも触れましたが、予告の中でドクター・ストレンジとアメリカ・チャベスが次元移動する最中の背景には恐竜の姿が見受けられます。単純に白亜紀に移動した可能性はもちろん残されていますが、マーベル・コミックにおいて現代に恐竜が生きているサヴェッジランドはワカンダと同じ程度に定番の土地です。

コミックにおいて、サヴェッジランドはミュータントとの関連が深く、マグニートーの基地やX-MENの訓練場などとしても利用されてきました。マーベル・スタジオが今後「X-MEN」の新たな実写作品と作るに当たって、ワカンダがそのテクノロジーでMCUの世界の中でひっそりと過ごしていたのと同様に、ミュータントパワーによって誰にも知られずにすでにサヴェッジランドに多くのミュータントが生活していたとするにはもってこいの場所でもあります。

©MARVEL

コミックのサヴェッジランドにはカイ・ザー(またはケイザー)と呼ばれるジャングルの王者的なヒーローがいますが、最近のコミックにおけるミュータントの国クラコアと設定をミックスしてサヴェッジランドがMCUに登場すると考えるファンは少なくないようです。

もし現代の地球に恐竜がいるなら、クリス・プラットさん演じる映画マニアのスター・ロードは「ジュラシックパーク」の話をしながら恐竜と戦ったりするのでしょうか?

「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の公式概要は以下のとおりです。

危険すぎる禁断の呪文によって時空を歪ませてしまったストレンジは“マルチバース”と呼ばれる謎に満ちた狂気の扉を開いてしまう。何もかもが変わりつつある世界を元に戻すため、盟友の魔術師ウォン、そしてアベンジャーズ屈指の強大な力を誇るスカーレット・ウィッチことワンダにも助けを求めるが、もはや彼らの力だけではどうすることもできない恐るべき脅威が人類、そして全宇宙に迫っていた。その宇宙最大の脅威とは、、、なんとドクター・ストレンジと全く同じ姿の人物で「宇宙への最大の脅威はお前だ」と不敵な笑みを浮かべていた…。
監督:サム・ライミ 出演:ベネディクト・カンバーバッチ/エリザベス・オルセン/ベネディクト・ウォン/レイチェル・マクアダムス /キウェテル・イジョフォー/ソーチー・ゴメス 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』2022年5月映画館にて公開!

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」は 2022年5月4日 日本公開予定です。

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

【映画紹介】「ドクター・ストレンジ」全てを失い、彼は目覚める【MCU Vol.14】

※この記事は本作の予告編程度の軽微なネタバレ、及び前作までのネタバレを含む可能性があります。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。 2017年公開の映画「ドクター・ストレンジ」MCU(マ …

映画「ブレイド」の監督としてバサーム・タリクさんの名が報じられる ─ パキスタン系新鋭監督

1998年から2005年にかけて公開された映画「ブレイド」シリーズのリブート版として制作が発表されているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)版「ブレイド」の監督として、バサーム・タリクさんが …

【噂話】ドラマ「ムーンナイト」のヴィランやカメオが判明?「シーハルク」、「ブラックパンサー」の新たな話題も

ディズニープラスで配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」のヴィランについて、Redditの r / MarvelStudiosSpoilers モデレーターチ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の新たなスティルが公開、カンバーバッチさんは「ノー・ウェイ・ホーム」レベルになるとコメント

先日発売された EMPIRE MAGAZINE の最新号にて、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の新たなスティル写真と、主演を …

映画「エターナルズ」、コミックからの性別変更について「チームは人類の縮図にしたかった」と説明

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」の記者会見に登場したスタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏とクロエ・ジャオ監督が、今作の映画においてエイジャック …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。