まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」ヨーヨー役が再演の可能性について語る

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

米ABCとマーベルテレビジョン制作のドラマ「エージェント・オブ・シールド」でヨーヨーことエレナ・ロドリゲスを演じていたナタリア・コルドバ=バックリーさんが、海外メディア CBM とのインタビューに応じ、同役再演の可能性について胸の内を明かしました。

sponsored link
 

ナタリア・コルドバ=バックリーさんが主演するホラー映画「ザ・ポートレート」のプロモーション中、「エージェント・オブ・シールド」の話題に移って、今後のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のマルチバースにおいてヨーヨーが戻ってくる可能性について質問された彼女は、ヨーヨーとの出会いを振り返って次のように答えました。

私は完全に満足しているんです。ヨーヨーのことを話すたびに胸が詰まる思いです。彼女は私にとって、人として、アーティストとして、とても特別な存在です。私は彼女と完璧なタイミングで完璧な役を手に入れました。彼女が私を作り上げてくれました。そして、マーベルのような巨大なシリーズの一員であること…私の祖父はコミックの大ファンでした。あらゆる意味で、本当に魔法のようでした。正直なところ、これが私のアメリカでのキャリアの始まりでした。

ヨーヨー役に満足していると語るコルドバ=バックリーさんは、その心境について説明しました。

あの瞬間は完璧なものであり、私は今、本当に「ポートレート」のようなものに集中したいと考えています。インディーズ映画をたくさんやりたいんです。工芸品のような仕事をしたい。私は有名になるためやお金を稼ぐために女優になったわけではないし、時には大きなフランチャイズ映画によって、そうなってしまうような気がしています。そういうタイプのキャラクターだけで、役者として縛られてしまうことがあると考えています。

そして、ヨーヨーとして戻ることは考えていない事を示しました。

私はスーパーヒーローを5年間やっていました。私にとってはそれで十分です。もう他の誰かがそれを引き継いでくれるでしょう。私は心から感謝しています。それは私にとって完璧でした。美しく終わるその関係のようなもので、それがこれまでにあり得るすべてでした。

「エージェント・オブ・シールド」シーズン3から登場したエレナ・ロドリゲスは高速移動能力をもつインヒューマンで、S.H.I.E.L.D.のエージェントとしてフィル・コールソンらをサポートしました。ヨーヨーはファイナルシーズンまで様々なトラブルに見舞われましたが戦い抜き、コールソンやクエイクらと共にMCUに戻ることが期待されていましたが、今後の物語の内容には関係なくその可能性は閉ざされてしまっているようです。

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」は全話、ディズニープラスで配信中です。

ソース:AGENTS OF S.H.I.E.L.D. Star Natalia Cordova-Buckley Reveals Whether She’ll Return To MCU As Yo-Yo (Exclusive)

-ドラマ, 映画
-, ,

執筆者:

関連記事

SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」、延期の意外過ぎる理由が明らかに

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「クレイヴン・ザ・ハンター」が夏映画から冬映画へと変更された …

NetFlixのマーベルドラマのライセンス関係のお話

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 NetFlixで配信されていたマーベルのドラマが全てキャンセルになってから約1年。 デアデビル、ルーク・ケイジ、ジェシカ・ジョーンズ、アイアン …

トム・ハーディさん、「ヴェノム3」について考え始めている事を明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズの映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の主演であり脚本も担当しているトム・ハーディさんが、「2作目が成功しない …

ドラマ「ロキ」、トム・ヒドルストンさんがロキの多面性について語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の主演を務めるトム・ヒドルストンさんが、マーベル・エンターテイメントとのインタビ …

映画「クレイヴン・ザ・ハンター」、物議を醸したコミックからの変更点について主演俳優が誤解であると説明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「クレイヴン・ザ・ハンター」の主演を務めるアーロン・テイラー …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。