まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【噂話】映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」でオコエはLGBTQ+として描かれるという

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」で、ダナイ・グリラさん演じるドーラ・ミラージュの隊長オコエにLGBTQ+の設定が追加されるようだと、海外スクーパーのダニエル・リヒトマンが報じました。

sponsored link
 

2018年公開の映画「ブラックパンサー」ではもともとオコエとアヨの極めて軽いラブシーンがあったが削除されていることを、アヨを演じたフローレンス・カサンバさんが認めていました。

今回のニュースが彼女たちの関係を復活させるものか、新たなキャラクターを登場されるものかは判明していません。しかし、噂のキャスティングとしてドーラ・ミラージュの元隊長アネカの登場が報じられており、このアネカを相手とする可能性は高いようです。

コミックのアネカはアヨと恋人関係でしたが、MCUのアヨはドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」に登場した事を考慮しても、まだまだ役割は小さいと考えられます。ラブストーリーを描くにあたってそれなりに存在感のあるキャラクターを必要とするため、その役割がオコエに渡される可能性は高いのかもしれません。

オコエがLGBTQ+であるというのはコミックにはない設定ですが、マーベル・コミックにはそもそもLGBTQ+のキャラクターが多く、昨今の映画業界の単なる多様性描写ブームとは言えないようです。コミックをもとにMCUでも同性愛者として表現されたロキがいる他、「エターナルズ」ではファストスもLGBTQ+として描かれていました。コミックではデッドプールやアイスマンなども同性愛者であり、ワンダの息子ビリーも同様です。

先日は「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のメイおばさんもLGBTQ+として扱うアイデアがあった事が報じられていました。(from Comicbook.com

現在、本作はシュリを演じるレティーシャ・ライトさんの怪我により撮影が中断されていますが、2022年1月から撮影再開されると報じられています。

映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」は 2022年11月11日 に米国公開予定です。

ソース:Black Panther 2 Rumor Reveals Okoye’s New LGBTQ+ Relationship

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

マーク・ラファロさんがポール・ラッドさんの誕生日を祝って映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の舞台裏写真を公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でアントマン/スコット・ラングを演じるポール・ラッドさんが4月6日の誕生日を迎えたことを記念して、ハルク/ブルース・バナーを演じるマーク・ラファロさんが2 …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のワールドプレミアの日程が12月13日に決定

ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のレッドカーペット・ワールドプレミアが太平洋時間の 2021年12月13日(月 …

ペイトン・リード監督「ソニー・バーチが戻るチャンスは常にあるだろう」

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン」シリーズのペイトン・リード監督が、先日Twitter上でファンからの質問に応じました。 その中でファンが「ウォルトン・ゴギンズさん(ソ …

SSU映画「クレイヴン・ザ・ハンター」カリプソ役にアリアナ・デボーズさんがキャスティング

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「クレイヴン・ザ・ハンター」にアリアナ・デボーズさんがキャスティングされたと、海外メディア Deadline が報じま …

【噂話】映画「ソー/ラブ&サンダー」撮影開始?─シドニーにナタリー・ポートマンさんが到着

現地時間の9月1日火曜日、ナタリー・ポートマンさんとその家族がプライベートジェットでシドニーに到着したと海外メディアが報じました。 sponsored link   ナタリー・ポートマンさんがソー/ジ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。