まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ゲーム 映画

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がゲームのコンサルティングに関与していくと報じられる

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が映画やドラマの制作に加えて、ビデオゲームの世界に足を踏み入れることになると、海外メディア Bloomberg が報じました。それによると、Electronic Arts が Marvel Entertainment と契約を結び、3つのビデオゲームが開発される事になると言います。

sponsored link
 

第1弾はすでに発表されている「アイアンマン」のゲームで、まったく新しいソロプレイ用のサードパーソン・アクションアドベンチャーになると言います。

残る2つについては発表されていませんが、うち一つはブラックパンサーのゲームとも噂されています。

EAのCCO(最高執行責任者)であるローラ・ミーレ氏は、「我々はバランスの取れたポートフォリオを持つために意図的、計画的な戦略を持っています。他のEAゲームをプレイしないマーベルファンが存在する事でしょう。それはスターウォーズでもそうでした。」とコメント。そして、「これは開発者だけでなくファンやプレイヤーにとっても素晴らしい瞬間」として、「マーベルがEAクリエイターの一員になることを楽しみにしており、このコラボが卓越した体験を皆さんにお届けするだろうと確信しています。」と述べています。

そして、ミーレ氏は4年前にケヴィン・ファイギ社長と連絡を取り、EAの様々なゲームスタジオを統括する上で何か知恵を得られるかもしれないと期待していたことが明らかにされました。

そのやりとりが具体的に何をもたらしたのかは不明ですが、2020年に再び連絡を取ったミーレ氏は、マーベルでゲーム部門のトップを務めるジェイ・オングさんと協力関係を結ぶようになったのだと言います。

ファイギ社長はMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に関して前例のない多数のプロジェクトを抱えている通り、ゲーム開発への関与といってもアドバイス程度ではないかと海外メディアは見ているようです。

しかし、MCUがマーベル・スタジオ作品ではない過去の実写作品やアニメ作品なども接続し始めている事を考えると、これを機にマーベル・ゲーム・ユニバースもMCUとクロスオーバーしていく可能性が出てきているのかもしれません。

sponsored link
 

ソース:Electronic Arts Strikes Three-Game Deal With Marvel

-ゲーム, 映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「スパイダーマン:スパイダーバース2」にスパイダーウーマン/ジェシカ・ドリューが登場 ─ 声の担当はイッサ・レイさん

ソニー・ピクチャーズ・アニメーションが制作するマーベル映画「スパイダーマン:スパイダーバース」の新作映画に、スパイダーウーマン/ジェシカ・ドリューが登場することが判明しました。声を担当するのは女優のイ …

マーベル・スタジオから映画「ブラックパンサー2」のキャスト&クルーに送られたメッセージの内容が報じられ、2022年1月の撮影再開が明らかに

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」の撮影中にシュリ役のレティーシャ・ライトさんが負傷したことで撮影が中断している事 …

映画「ブレイド」の破棄された脚本が判明、100年前から始まる予定だった

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブレイド」の脚本内容について、海外メディア The Illuminerdi が報じました。先日はバサーム・タリク監督の突然 …

デイジー・リドリーさん、映画「スパイダーウーマン」参加の噂について語る

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で主人公レイを演じたデイジー・リドリーさんが、ソニー・ピクチャーズが制作するとされている映画「スパイダーウーマン」でスパイダーウーマンを演じると噂があることにつ …

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」、削除されたシーンの動画が公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」より、公式の削除シーン動画をIGNが共有しました。来月発売予定のBlu-rayのプロモ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。