まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

コミック 映画

ジェームズ・ガン監督、マーベルとDCのクロスオーバー映画について話し合った事を明かす

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズやDC映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」のジェームズ・ガン監督が、マーベルとDCのクロスオーバー映画について両スタジオと話し合った事を明かしました。

sponsored link
 

ファンから「マーベルとDCの大ヒットクロスオーバーの可能性はないのですか?」と質問されたガン監督は、以下のように述べています。

マーベルとDCの両方の上層部の人たちと何気なく話したことがあります。ぜひ実現してほしいと思っています。可能性が高いとは思いませんが、不可能だとも思いません。

しかし、ガン監督はクロスオーバーのためのクロスオーバーを作るのは好きではないと付け足しています。

多くの人々が、特定の映画の実際のストーリーやキャラクターよりも、クロスオーバー、カメオ、参照、ポストクレジットシーンに興味を持っているように見えることに、私は時々、不愉快さを感じます。映画を作るとき、私は99.9%の時間をストーリーとキャラクターについて考え、残りの0.1%の時間を費やしています。

コミックではマーベルとDCのクロスオーバーはすでに行われています。1976年3月にマーベル・コミックスとDCコミックスが共同で出版した「スーパーマン対アメイジング・スパイダーマン」というコミックを初めとして、その後何度かクロスオーバーが行われています。

ライバル関係にある2つのコミック会社間のクロスオーバーでより有名なのは、1996年と2003年に両社が共同で出版した「DC vs. Marvel」と「JLA/Avengers」です。これらのクロスオーバーにおける象徴的な場面の例としては、ワンダーウーマンがソーのハンマーを持ち上げたり、ダークサイドがインフィニティ・ガントレットを装着したことが挙げられます。

ガン監督の言うように映画でのクロスオーバーも不可能ではないと言えますが、現実的にはかなり難しいのは間違いありません。マーベルもDCも今現在実写の世界を拡張している最中であり、いつの日かキャプテン・アメリカとスーパーマンがスクリーンで戦う事を願いつつ、まずは発表されている作品群を楽しむのがよさそうです。

-コミック, 映画
-

執筆者:

関連記事

映画「X-MEN」シリーズでビーストを演じたニコラス・ホルトさん「MCUでもビーストを演じたい」

旧FOX制作の映画「X-MEN」シリーズでビースト役を演じたニコラス・ホルトさんは、マーベル・スタジオでのリブートが示唆されている「X-MEN」での再演に意欲を見せていることがわかりました。 spon …

【映画紹介】「ドクター・ストレンジ」全てを失い、彼は目覚める【MCU Vol.14】

※この記事は本作の予告編程度の軽微なネタバレ、及び前作までのネタバレを含む可能性があります。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。 2017年公開の映画「ドクター・ストレンジ」MCU(マ …

映画「ブラックパンサー2」、計画変更前のプロットが明らかに

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」でナキアを演じるルピタ・ニョンゴさんが、海外メディア The Hollywood …

ジェンマ・チャンさん、「キャプテン・マーベル」の後に「エターナルズ」に出演する事になった経緯を明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」に出演する女優のジェンマ・チャンさんが、本作に出演する事になった経緯を海外メディア The Hollywood Reporter と …

【噂話】映画「ファンタスティック・フォー」の監督にドラマ「ワンダヴィジョン」のマット・シャックマンさんの起用が報じられる

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ファンタスティック・フォー」の監督として、ディズニープラスで配信されたドラマ「ワンダヴィジョン」のマット・シャックマン監督 …

PREV
ドラマ「ロキ」、2話のイースターエッグをピックアップ
NEXT
映画「ブラックウィドウ」からバトルシーンをイメージした新たなポスターが公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。