まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

マーベルドラマ作品「アイアンハート」、「シルク」のワーキングタイトルが判明

投稿日:

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アイアンハート」と、ソニー・ピクチャーズが制作するスパイダーマンスピンオフドラマ「シルク」のワーキングタイトルが海外で報じられました。

sponsored link
 

アイアンハート

MCUの「アイアンハート」は「Wise guy」というタイトルで開発が始まっていると、The Cosmic Circus が報じています。

直訳すれば賢い男、ではありますが基本的には皮肉を込めてお利口さん、生意気な人、大口をたたく人などを意味する言葉のようです。どちらにも当てはまるキャラクターとしてトニー・スタークが思い浮かぶ所ですが、このワーキングタイトルはトニーを表したものなのでしょうか?

コミックのアイアンハートでは主人公リリ・ウィリアムズのサポートを、死亡後にAIとなったトニー・スタークがアイアンマンのJ.A.R.V.I.S.のように担当しています。

©MARVEL

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のラストのようにホログラム技術も持っていたトニーですから、コミックを再現すること自体は可能ですが、トニーの帰還は歓迎するファンと、冷めてしまうファンに二分させてしまう可能性が高く、スタジオ側も気軽に出せるカードでないのは明らかです。

「Wise guy」はローディを指しているのではないかと推測している海外メディアもありますが、続報を待ちたい所です。

主演のドミニク・ソーンさんは「アイアンハート」のオーディションがなかった事を明かしており、スタジオから大抜擢された若手女優さんがどのような演技を見せてくれるかも注目が集まっています。

ドラマ「アイアンハート」はディズニープラスで配信予定です。

シルク

ソニー・ピクチャーズが制作する「シルク」のワーキングタイトルは「ホッケークイーンズ」である事が Production Weekly によって報じられています。

こちらはコミックの中で、シルク/シンディ・ムーンが学校でプレイしていたホッケーにかなりの親近感を持っていることにちなんでいると思われます。

シルクことシンディ・ムーンは2014年の「アメイジング・スパイダーマン」#4で初めて登場したキャラクターで、スパイダーマン/ピーター・パーカーとは同じ高校の同級生。ピーターにクモの能力を与えたのと同じ放射性クモに噛まれた事が原因で能力に目覚めますが、ピーターがアメイジング・スパイダーマンになるまでの間、シンディはかつての恩師であるエゼキエルによって地下壕に閉じ込められていました。

「シルク」に関するキャストは不明で、脚本は韓国系アメリカ人のローレン・ムーンさんが担当すると報じられています。また、エグゼクティブ・プロデューサーとしてフィル・ロードさん、クリス・ミラーさん、元ソニー・ピクチャーズのエイミー・パスカルさんが担当するとの事です。

配信プラットフォームに関して公式な発表はありませんが、多くの海外メディアはAmazonプライムビデオが有力だと報じています。

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ワンダヴィジョン」脚本家がエピソード5のラストについて経緯を明かす ─ 「簡単ではなかった」

現在配信中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」は、最新話となる第5のラストで衝撃的な展開を迎え、ファンを驚かせました。本作で脚本を務めるジャック・シェイファーさ …

米ディズニープラスで「マーベル・スタジオ・アッセンブル メイキング・オブ・ザ・ブラックウィドウ」が配信中

米ディズニープラスでMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の舞台裏を描いたドキュメンタリー番組「マーベル・スタジオ・アッセンブル メイキング・オブ・ザ・ブラックウィド …

米ディズニープラスがドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」に暴力に関する警告文を追加

ディズニープラスで配信中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の米ディズニープラスのWEBサイトに新たに警告文が追加されたことが分かりま …

ドラマ「アーマー・ウォーズ」、ドン・チードルさんが開発「超初期」段階であると明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アーマー・ウォーズ」の主人公ジェームズ・ローズを演じるドン・チードルさんが、海外メディア Collider とのインタビューの中で、「アーマー・ …

ドラマ「ワンダヴィジョン」の初期コンセプトアートが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」で未使用に終わったコンセプトアートが公開されました。マーベル・スタジオのヴィジュアル開発スーパーバイザーのジャクソン・ジィーさ …

PREV
マーベル・スタジオが新たなLLCを設立 ─ ブラックパンサースピンオフシリーズが前進か
NEXT
ドラマ「ロキ」の新たなTVスポットが公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。