まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

エミネムさんが映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の楽曲を示唆

投稿日:

2021年10月1日の米公開を控えるSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の楽曲を担当している事を、エミネムさんが自身のTwitterで示唆しました。前作映画の主題歌も手掛けたエミネムさんはその歌詞の中でヴェノムとシンビオートの世界観を丁寧に表現しており、ファンからの熱い支持を受けていました。

sponsored link
 

今の所今回の曲の歌詞等は不明になっていますが、映画の公開と同日に新曲も全米リリースされると見られています。

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の公式あらすじは以下の通りです。

「悪人以外を食べない」という条件でエディの体に寄生し、彼と共同生活を送る地球外生命体(シンビオート)のヴェノムは、食欲の制限を強いられストレスの毎日を過ごしていた。そんな中、未解決事件の真相を追うジャーナリストのエディは、サン・クエンティン刑務所である死刑囚と再会する。その男の名はクレタス・キャサディ。これまで幾度となく猟奇殺人を繰り返し、収監されたシリアルキラーで、彼には死刑執行の時が迫っていた。「私の秘密を教えよう」と不気味にほほ笑み、エディに対し異様な興味を示すクレタス。突如その時、クレタスはエディの腕へと噛みつき、エディの血液が普通の人間とは異なることに気づく…… 死刑執行の時、ついにクレタスはカーネイジへと覚醒――。世界を闇へと変えていく。

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」は 2021年10月1日米国公開予定、日本は2021年12月3日公開予定です。

前作の主題歌「ヴェノム」を収録したエミネムさんのアルバム「カミカゼ」は好評発売中です。

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ブラックウィドウ」にウィンターガードが登場する? ─ デヴィット・ハーバーさんが謎の投稿

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の新しいキャラクターポスターが公開された事を受けて、レッドガーディアン/アレクセイを演じるデヴィット・ハーバーさんも自身のIns …

映画「ブラックウィドウ」の新しいポスターが公開

映画「ブラックウィドウ」から新たなポスターが公開されました。ポスターには、ナターシャ、エレーナ、メリーナ、アレクセイ、O・T・ファグベンルさん演じる謎のキャラクター(ポスター右上)、タスクマスター、そ …

映画「ブレイド」は2022年10月公開が濃厚か?公式資料が示唆

先日開催された Disney Investor Day で2022年公開予定の映画のスケジュールの調整が発表され、「ソー:ラブ&サンダー」「ブラックパンサー2」「キャプテン・マーベル2」の3本 …

映画「キャプテン・マーベル2」の公開日が発表

マーベル・スタジオは映画「ブラックウィドウ」の新しい公開日を発表し、それに伴ってMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ4が全体的に遅れることが判明しましたが、悲しいことだけではありま …

ドラマ「ワンダヴィジョン」脚本家、マーベル・スタジオと新たな契約を結んだと報じられる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」の製作総指揮と脚本を務めたジャック・シェイファーさんがディズニーと新たな契約を結んだと、海外メディア Variety が報じま …

PREV
マーベル・スタジオのエグゼクティブ・プロデューサーが31のプロジェクトを抱えている事を明かす
NEXT
ドラマ「シークレット・インベージョン」のプロットの一部が報じられる ─ ヴィランは原作コミック通りスクラル人

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。