まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「シークレット・インベージョン」のプロットの一部が報じられる ─ ヴィランは原作コミック通りスクラル人

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」のプロットの一部が海外スクーパー Murphy’s Multiverse によって報じられました。それによると原作となる同名のコミック「シークレット・インベージョン」と同様に、主人公ニック・フューリーの前に立ちはだかるのは悪のスクラル人との事です。

sponsored link
 

ドラマではフューリーとスクラル人のタロスを主人公として描かれるという本作ですが、2019年公開の映画「キャプテン・マーベル」で登場したスクラル人は初めこそ敵対関係であったものの対話によって協力関係となり、以降MCUにおいてスクラルはフューリーのサポートを務めていました。

そういった事から原作とは大きく変わるのではと思われていたドラマシリーズですが、今回の報道によると「スクラルによる地球侵略戦争」を描くのは変わらないようです。

記事によると、キングズリー・ベン=アディルさんが演じる今作のメインヴィランはスクラル人であり、タロスとは敵対関係にあるといいます。このスクラル人はクリー・スクラル戦争において故郷の星を捨て避難し、敵であるクリー人のマー・ベルと協力して戦争を終らせる事を選択した将軍タロスの決定に不満を抱いているとの事。

ということは「キャプテン・マーベル」の時系列当初からこのスクラル人はタロスに対して恨みを持っており、その時から既に地球への侵略を開始していた可能性もありそうです。

記事ではキングズリー・ベン=アディルさんがパワースクラルことペイボックを、キリアン・スコットさんが後にスーパースクラルとなるクラートを演じる可能性を指摘しています。

原作ではおおむねS.H.I.E.L.D.対スクラルの構図で描かれた本作ですが、MCUでスクラルの侵略に対してS.H.I.E.L.D.が本格的に復活するのでしょうか?あるいはドラマ「ワンダヴィジョン」で登場したS.W.O.R.D.が再び登場する事になるのでしょうか?

今回は敵について少し明らかになりましたが、味方についても謎が多く、今後の情報には要注目です。

ドラマ「シークレット・インベージョン」は 2022年 にディズニープラスで配信予定です。

ソース:EXCLUSIVE: Tidbits on the Evil Skrulls in ‘SECRET INVASION’

-ドラマ
-, ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ホークアイ」、フラ・フィーさんが「フィナーレではMCU全体に大きな影響がある」と明かす

ディズニープラスで配信中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」にカジ役で出演しているフラ・フィーさんが、海外メディア ScreenRant とのインタビューの中で、シリ …

ドラマ「アイアンハート」に「ブラックパンサー」ライアン・クーグラー監督も参加か

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アイアンハート」へのキャスティングが報じられたアンソニー・ラモスさんが、海外メディア extratv とのインタビューの中で、本作に映画「ブラッ …

ドラマ「ミズ・マーベル」まであと1ヶ月、新予告「Not Alone」が公開

ディズニープラスで配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」の新たなトレーラー「Not Alone」が公開されました。ひとりじゃないというタイトル通り、主人公カ …

アニメ「What if…」からスターロードのキャラクターポスターが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ…?」からスターロード/ティ・チャラのキャラクターポスターが公開されました。このスターロードは …

クロエ・ベネットさんが「デイジーのラストに満足している」と明かす

俳優のクロエ・ベネットさんが海外メディア Playboy とのインタビューで、ドラマ「エージェント・オブ・シールド」のファイナルシーズンとその後のデイジー・ジョンソンについて語りました。 sponso …

PREV
エミネムさんが映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の楽曲を示唆
NEXT
プレイステーションから映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の独占動画が公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。