まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」のホラー要素について脚本家がコメント

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」の脚本を担当するマイケル・ウォルドロンさんが、ポッドキャスト「Friends From Work」のインタビューで、サム・ライミ監督とドクター・ストレンジの世界が融合するとどのようなものになるか、特にホラーの面でどうなるかについて尋ねられました。

sponsored link
 

「ロキ」のヘッドライターでもあるウォルドロンさんは質問に対して以下のようにコメントしました。

1作目の監督であるスコット・デリクソンが得意とするところでもあり、その影響は1作目から感じられます。ホラー映画ではありませんが、全体的に不気味さが漂っています。それが、この映画を成功に導いた一因だと思います。
彼が1作目で行った仕事や、彼と2作目の前任ライターであるジェイド・バートレットが2作目で行った仕事を見て、私たちはとても幸運だと感じました。今回のコロナ禍では、私とサム・ライミに自分たちの作品を作るための時間を与えてくれました。サムがうまくやってくれますからね。

ドクター・ストレンジの新作映画は前作から引き続きスコット・デリクソン監督が制作する予定でしたが、撮影間近になって降板。しかし、幸か不幸か新型コロナウイルスの影響によるMCUの全体的な遅延が発生し、その間に新たにかつてスパイダーマンの映画をヒットさせたサム・ライミ監督とロキの脚本を担当していたウォルドロンさんが後任することになりました。

ウォルドロンさんは以前のインタビューで「脚本はゼロから作り直した」と話していましたが、当初報じられていたホラーテイストがどの程度残っているのかは気になる所です。とはいえサム・ライミ監督もホラー映画畑で仕事をしてきた人物であり、ストレンジの魔法の世界のどことなく不気味な要素を描くには適した人材の一人と言えそうです。

続編ではストレンジ、ウォン、バロン・モルドが再登場する他、他のシリーズからスカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフと、新ヒーローとしてアメリカ・チャベスが登場することが発表されています。また、ワンダに関する物語がここで終わりではない事が先日マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長によって明かされました。

映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」は 2022年3月25日 米国公開予定です。

ソース:Doctor Strange 2 Writer Teases ‘Scarier’ Direction of Benedict Cumberbatch Sequel

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「モービウス」は繋がりのない独自バース?新たなヴィネットが公開

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」の新たなヴィネットが公開されました。日本語字幕がついたものも併せて公開されており、主演のジャレッド・レトさん …

映画「ソー:ラブ&サンダー」、新たなグッズがゴアのシンビオートを示唆

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」の新たな公式グッズの予約が海外で始まり、その画像からメインヴィランであるゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーがコミック通りシンビオー …

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」興行成績、「僕はチャイナタウンの名探偵3」に敗れる

中国映画「僕はチャイナタウンの名探偵3」の公開3日間の自国での興行成績が「アベンジャーズ/エンドゲーム」を超えた事を海外メディア Deadline が報じました。デビュー後3日間で推定25.6億人民元 …

「シャン・チー」は早くも次の舞台へ、主演シム・リウさんがほのめかす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の主演シム・リウさんが、海外メディア RadioTimes とのインタビューの中で、は …

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の米公開日が2週間繰り上げて10月1日に

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」は新型コロナウイルスの影響による映画業界全体の停滞の影響で、これまでに何度 …

PREV
ドラマ「ロキ」の新たな動画"Match"が公開
NEXT
ドラマ「ミズ・マーベル」の新たなセットフォトが公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。