まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「アメイジング・スパイダーマン2」のデイン・デハーンさん、グリーンゴブリン再演について再度意欲を示す

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

2014年公開の映画「アメイジング・スパイダーマン2」でグリーンゴブリン/ハリー・オズボーンを演じたデイン・デハーンさんが海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で、グリーンゴブリンの再演についてあらためて意欲を示しました。

sponsored link
 

デハーンんさんはスパイダーマンの世界に戻ること、あるいはMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に参加する事について、「新しいことに挑戦したいと思っています。僕にとってエキサイティングなことは、常に新しいことをすることで、僕の人生にもまたそういうものがやってくるだろうし、それが何であるかを楽しみにしているんです。」と語りました。

以前に「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に登場するのではないかという噂について否定したデハーンさんですが、あらためてハリー・オズボーンを再演したいという気持ちと、さらには別のキャラクターを演じてみたい事も明かしました。

デハーンさんは幼い娘が彼の演じたキャラクターのおもちゃで遊んでいる事も明かしました。デハーンさんはフランスのシリーズを原作とした2017年の「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」の主人公ヴァレリアン少佐を演じており、そのおもちゃで娘が遊んでいると語っています。

「娘は僕のファンコ・ポップを持っていて、それを使っています。娘は『おもちゃのパパ』って呼んでいるんですよ。グリーンゴブリンよりもずっと説明しやすいですよね。」

デハーンさんと同じく「アメイジング・スパイダーマン2」でヴィランのエレクトロを演じたジェイミー・フォックスさんが「ノー・ウェイ・ホーム」に戻ってくる事が明かされていますが、ハリー・オズボーンが戻ってくるという噂はデハーンさん本人が否定しています。本人が否定したから100%ない、とは言えないのがMCUですが、グリーンゴブリンについては2002年の映画「スパイダーマン」のウィレム・デフォーさんが戻ってくるとの報道もあります。

デイン・デハーンさんがMCUに戻ってくる事はあるのでしょうか、今後の展開に注目です。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2021年12月17日 米国公開予定です。

sponsored link
 

ソース:Amazing Spider-Man Star on If He Wants to Return as Green Goblin or Play a New Character

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

トム・ヒドルストンさんとゾウイ・アシュトンさんが婚約しているようだと報じられる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でロキを演じるトム・ヒドルストンさんと、2023年公開の映画「ザ・マーベルズ」のヴィランを演じると報じられているゾウイ・アシュトンさんが婚約しているようだ …

【噂話】MCU映画「スパイダーマン4」はホラー監督が注目されているという─ジョン・ワッツ監督続投の可能性は?

ソニー・ピクチャーズとマーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン4」の監督として、ドリュー・ゴダードさんが注目されていると報じられました。「ホーム …

マッツ・ミケルセンさんが出演作の中で「ドクター・ストレンジが一番楽しかった」─MCU復帰に意欲を示す

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ」でヴィランのカエシリウスを演じたマッツ・ミケルセンさんが、海外メディア Business Insid …

マーベル・スタジオ代表がNetflixのマーベルキャラクターに言及

マーベル・スタジオの代表ケヴィン・ファイギ氏が海外メディアとのインタビューでマーベル・テレビジョンが制作したNetflixドラマのキャラクター達について言及しました。MCU(マーベル・シネマティック・ …

チャーリー・コックスさんが映画「スパイダーマン:NWH」へのカメオとデアデビルの未来について語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に出演したチャーリー・コックスさんが、海外メディア Supernova とのインタビューの中で、今作のカメオ …

PREV
マーベルがアジア系ヒーローを祝うヴァリアントカバーを発表
NEXT
「アベンジャーズ・キャンパス」のピム・テスト・キッチンで食べられるフードメニューが公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。