まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ブレイド」の監督としてバサーム・タリクさんの名が報じられる ─ パキスタン系新鋭監督

投稿日:

1998年から2005年にかけて公開された映画「ブレイド」シリーズのリブート版として制作が発表されているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)版「ブレイド」の監督として、バサーム・タリクさんが予定されていると、海外メディア Deadline が報じました。

sponsored link
 

記事によるとマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長、「ブレイド」主演のマハーシャラ・アリさん、およびスタジオ幹部は、昨年秋に遡って何十人もの候補者と面談し、一時は脚本家と監督の選択肢を検討していましたが、最終的に両者を分離し、ステイシー・オセイ・クフォーさんを脚本家に起用しました。その後マーベルは監督候補者のリストを減らし、3月から6月にかけて再度ミーティングを行いました。最終選考に残った監督たちは、その間にミーティングと最終プレゼンテーションを行いましたが、最終的にはタリク監督のヴィジョンがすべての関係者を納得させたとの事。

◆参考動画

バサーム・タリク監督は1986年パキスタン生まれ。リズ・アーメッドさん主演の映画「Mogul Mowgli」の監督を務めましたが、それを含めても長編映画は2本しか制作しておらず、「ブレイド」に決定すれば3本目の映画製作となります。

一見すると経験不足のようにも思えますが、もともとマーベル・スタジオはそういった若い監督を連れてくるケースがほとんどでした。「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」や「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」、「アベンジャーズ/エンドゲーム」のルッソ兄弟監督は3本の映画といくつかのTV番組を監督した経験しかありませんでしたし、ジェームズ・ガン監督やタイカ・ワイティティ監督が「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」や「マイティ・ソー/バトルロイヤル」で起用された当時もあまり名前が知られておらず、それが今や様々な賞を受賞する監督になっている事を考えると、マーベル・スタジオの才能を見抜く眼に今回も期待がかかります。

主人公のブレイドは人間と吸血鬼のハーフで、人間を守るためにヴァンパイアハンターとして活動を続けるダークヒーローで、かつてはウェズリー・スナイプスさんが主演し3作品がニュー・ライン・シネマで制作されました。旧シリーズでは吸血鬼がテーマでもあるため血に関する演出は相当なもので、ディズニー傘下でどこまで過激な表現が可能なのかといった点にも注目が集まっています。

映画「ブレイド」は公開日未定です。

ソース:‘Blade’: ‘Mogul Mowgli’ Helmer Bassam Tariq Is Marvel’s Choice To Direct New Film Starring Mahershala Ali As Iconic Vampire Hunter

-映画
-,

執筆者:

関連記事

ロケット役ショーン・ガンさん、オーストラリアに到着、映画「ソー:ラブ&サンダー」に合流か

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督の弟で俳優のショーン・ガンさんがオーストラリアに到着したことを自身のInstagramで公開しました。現在制作が始まっている映画 …

トム・ホランドさん、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の宣伝でソニーに怒られたと語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」で主演を務めたトム・ホランドさんが、海外メディア The Hollywood Reporter とのインタビ …

【映画紹介】「ドクター・ストレンジ」全てを失い、彼は目覚める【MCU Vol.14】

※この記事は本作の予告編程度の軽微なネタバレ、及び前作までのネタバレを含む可能性があります。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。 2017年公開の映画「ドクター・ストレンジ」MCU(マ …

米ディズニープラスから「X-MEN」や「ファンタスティック・フォー」が削除されたと報じられる

米国で展開中のディズニープラスにおいて、FOX制作の2000年公開の「X-MEN」や、2005年公開の映画「ファンタスティック・フォー」が削除されて視聴できなくなっていると、複数の海外サイトが取り上げ …

映画「ドクター・ストレンジ/MoM」、ダニエル・ラドクリフさんがウルヴァリン役の噂についてコメント

先日、映画「ザ・ロストシティ」のSXSWプレミアで行われたPhase Zeroのインタビューで、ハリー・ポッター等で知られるダニエル・ラドクリフさんが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)で …

PREV
映画「ブラックウィドウ」、興行成績が2週目で大幅下落、全米劇場所有者協会は非難声明を発表
NEXT
エムバク役ウィンストン・デュークさん、映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」に戻ることを認める

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。