まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

エムバク役ウィンストン・デュークさん、映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」に戻ることを認める

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー」に登場したエムバクを演じるウィンストン・デュークさんが、海外メディア Collider とのインタビューの中で、最新作「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」に出演する事を認め、脚本を読むのは「とても感情的だ」と語りました。

sponsored link
 

インタビューの中でデュークさんは、「脚本を読んでとても感動しました。撮影現場に戻るために荷物をまとめるのも感情的でした。でも、今はみんなちょっとした家族で、一緒に悲しんでいるし、本当に特別なものを作っているんです。」と述べました。

最新作の内容についてはほとんど明かされておらず、マーベルの発表によると、「唯一無二の国ワカンダと、1作目で紹介した豊かなキャラクターたちの物語を広げていく」との事。誰がブラックパンサーを引き継ぐのかは注目を集めているポイントで、予想されているのはコミックにも基づいている妹シュリ、実はワカンダの技術で生かされている説のキルモンガー、前作で王位の座をあらそったエムバクあたりの名前がよく挙げられ、バッキーが継いでも面白いなどのファン予想も稀に見かけます。

コミックのエムバクはマンエイプというヴィランであり、れっきとしたブラックパンサーの敵でした。MCU版では粗暴ではあるものの物分りがよく、仁義に厚いキャラクターとして共にサノスに対抗する様子も描かれていましたが、最新作でどういう立ち位置につくのかも気になる所です。

ヴィラン役にはテノッチ・ウエルタさんが起用されており、ワカンダの宿敵アトランティスの王であるネイモア・ザ・サブマリナーを演じるのではないかと噂されています。

映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」は 2022年7月8日 に米国公開予定です。

ソース:‘Black Panther 2’: Winston Duke Confirms Return of M’Baku in Marvel’s “Really Special” Sequel

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ペイトン・リード監督が映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」の本格的な撮影の開始を報告

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」のペイトン・リード監督が自身のツイッターで撮影初日を迎えた事を報告しました。主演のポール・ラッドさん …

映画「エターナルズ」、前売りチケットの販売が「ブラックウィドウ」、「シャン・チー」を超える

来月公開予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」の公開初日分の前売りチケットの販売数が、今年公開されたMCUの映画「ブラックウィドウ」、映画「シャン・チー/テン・リン …

マーベル・スタジオのエグゼクティブ・プロデューサーが31のプロジェクトを抱えている事を明かす

マーベル・スタジオは2008年公開の映画「アイアンマン」以降、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズとして映画25作品、ドラマシリーズ4作品を展開(2021年9月29日現在)しています …

【噂話】映画「ワールド・ウォー・ハルク」の制作が2022年に開始されると報じられる

マーベル・スタジオがコミック「ワールド・ウォー・ハルク」をMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画として2022年から制作を開始するようだと、海外メディア GWW が報じました。実現すれば …

映画「エターナルズ」、プロデューサーがアベンジャーズやガーディアンズにはないパワーを解説

マーベル・スタジオのプロデューサー、ネイト・ムーアさんがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」に登場するチームと、アベンジャーズやガーディアンズを比較し、エターナルズにし …

PREV
映画「ブレイド」の監督としてバサーム・タリクさんの名が報じられる ─ パキスタン系新鋭監督
NEXT
ドラマ「ロキ」、在り続ける者のキャラクターポスターが公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What if…?関連記事

ロキ関連記事

ファルコン&ウィンター・ソルジャー関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本未定)
◆2022年1月28日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。