まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

エージェント・メリンダ・メイを演じたミンナ・ウェンさんがドラマ「ロキ」に言及し、称賛する

投稿日:

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」でシーズン1からファイナルシーズンまでS.H.I.E.L.D.のエージェント、メリンダ・メイを演じたミンナ・ウェンさんが、海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で、現在配信中のドラマ「ロキ」について尋ねられ、話題に触れました。

sponsored link
 

ミンナ・ウェンさんはディズニープラスで配信中のスター・ウォーズ作品「マンダロリアン」や「バッドバッチ」で賞金稼ぎのフェネック・シャンドを演じており、最初はスター・ウォーズについての話が展開されていましたが、話は次第に「エージェント・オブ・シールド」、そしてメイの恋人であるコールソンが再登場する事になった「ロキ」についても展開しました。

メリンダ・メイに命を吹き込むことができたのは、とても嬉しいことでした。そして、登場人物たちに本当の意味でのフィナーレを迎える機会を与えられるのは、非常に稀なことです。これは、私たち全員にとって素晴らしい経験となりました。私が一番好きなのは、彼女が “The Cavalry “(騎兵隊)という名前を受け入れるようになった時です。これは私がライターに提案したものです。彼らがそれを信じられないほどうまくやってくれたことに、とても満足しています。

また、「ロキ」によって再燃している「エージェント・オブ・シールド」はカノンなのかという論争について質問されたウェンさんは、爆笑しながら以下のようにコメントしました。

あら、その話はしたくないわ(笑)。あまりにも複雑だし、とても個人的なことですしね(笑)。でも、私はドラマ「ロキ」が大好きです。本当にいい作品だわ。それはその最初のエピソードがどのように作られたか、そしてセクシーなシルバーフォックスになることを知っていたオーウェン・ウィルソンがどのように作られたか(笑)とにかく大好きです。

ミンナ・ウェンさんが出演している「マンダロリアン」「バッドバッチ」「エージェント・オブ・シールド」はディズニープラスで配信中です。

ソース:Agents of SHIELD’s Ming-Na Wen Talks the Series Finale, Playing May Again, and the Loki Canon Debate

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

Hulu幹部が新たなマーベルコンテンツ開発について言及

Huluのスクリプトコンテンツ部門の責任者であるジョーダン・ヘルマンさんは、マーベル・スタジオが将来的にHuluのストリーミングプラットフォーム向けにコンテンツを開発する可能性について、海外メディア …

ドラマ「ワンダヴィジョン」の第4話にて、本作のタイムラインが明らかに

マーベル・スタジオが制作するドラマ「ワンダヴィジョン」のエピソード4「番組を中断します」の内容から、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)におけるタイムラインが明らかになりました。本記事ではこ …

ジェレミー・レナーさん、ドラマ「ホークアイ」の先のクリントの展望について語る

11月24日からディズニープラスで配信が始まるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」で主人公クリント・バートンを演じるジェレミー・レナーさんが、海外メディア BBC Ra …

マーベルがマドリプールの観光サイトをオープン ─ ミュータントへの言及も?

マーベルがマドリプールの観光サイトを公開しました。先週配信されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」エピソード3に登場した架空の都市マド …

エミリア・クラークさんがドラマ「シークレット・インベージョン」に参加すると報じられる

制作準備が進められているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」に、大人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」に出演したエミリア・クラークさんが出演すること …

PREV
ディズニープラスの「This Is Me:Pride Celebration Spectacular」でドラマ「ワンダヴィジョン」の曲が登場
NEXT
ドラマ「ロキ」監督が、ミス・ミニッツはクレイジーと評し、もともとは1話でTVから飛び出す予定だった事を明かす

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。