まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

ドラマ「ギフテッド」ではポラリスの父マグニートーの名前が使えなかった事が明かされる

投稿日:

20世紀FOXが制作したX-MENのドラマ「ギフテッド」のショーランナーを務めたマット・ニックスさんが海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で、本作の制作にあたって映画に触れてはいけないという制約があったことを明かしました。

sponsored link
 

現在、ディズニープラスで「ターナー&フーチ」のエグゼクティブ・プロデューサーを担当しているニックスさんはインタビューで「マーベル作品に戻りたいですか?」と聞かれ、以下のように述べました。

ええ、もちろん興味がありますね。マーベルはかなり別の世界だと思うんだけど、彼らには彼らのやるべきことがあります。もうひとつは、「ギフテッド」では、私たちは本当に別のことをやっていました。これまでインタビューで言ったことはありませんでしたが、今なら言ってもいいと思います。もともとあの番組は、映画の邪魔をしてはいけないというのが基本でした。映画に触れてはいけないのです。あの番組の元々の目的は、映画の邪魔をしないようにするための最高のアイデアを持ってきたということでした。それは、「フューチャー&パスト」で時間をさかのぼり、未来に反ミュータントのディストピアがあったことを覚えていますか?そして、この時代は私たちが触っていい時代のようです。その間の年数を教えてください。そうすれば私の番組は消されてしまう。それは問題ではない。

さらにニックスさんは「ギフテッド」制作に課せられた制約を明かしました。

「映画のタイムラインには触れない、消したタイムラインだから。その時系列を渡してくれれば、ドラマを作ってみよう。ミュータントがどのように抑圧されるようになったのかを示すことで、映画の邪魔にならないようにするんだ」と。彼らは「わかった。でもいいかい?マグニートーという言葉を口にしてはいけないよ。」言いました。「でも、マグニートーの娘が出演しているんですよ?」と言うと、「その通り。でもマグニートーと韻を踏むような言葉も言ってはいけません」。彼らはウルヴァリンを知らないのですか?でも、彼らは絶対にその言葉を口にしないんだ。あれは非常に異なる作業でした。映画との融合を目指す現在のマーベルの世界とは、まったく異なる世界でした。その方がずっといいと思います。

ドラマ「ギフテッド」は好評だったにも関わらず、ディズニーによるFOX買収の影響でシーズン3は制作されず打ち切りとなりました。

ソース:The Gifted Showrunner Matt Nix Opens Up About Not Being Allowed to Mention X-Men’s Magneto and Wolverine

-ドラマ, 映画
-,

執筆者:

関連記事

【ネタバレ注意】ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」のサムの新スーツが判明?

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の主人公の一人、ファルコン/サム・ウィルソンの新たなスーツの存在が判明しました。これは中国のディズニ …

マーベル・スタジオがアラン・ヤン監督と面会 ─ 新作の監督候補か

海外メディアのCineXpressが行ったアラン・ヤン監督とのインタビュー動画で、彼がマーベル・スタジオのボス、ケヴィン・ファイギ氏と面会していたことが明らかになりました。 マーベル・スタジオはこれま …

ドラマ「ホークアイ」、NGシーン集が公開され削除シーンの一部が明らかに

ディズニープラスで配信中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」の特典映像として約3分のNGシーン集が追加されています。その中では本編には登場しなかったいくつかのシーンが …

Huluのマーベルドラマ「ヘルストーム」は10月放送開始か

ディズニーの傘下にある動画配信サービスHuluで制作されているマーベルのドラマ「Helstrom」(コミックでのスペルはHellstrom)が、 今年10月のHuluweenのラインナップの一部として …

【映画紹介】「ブレイド」混血の吸血鬼ハンター

1998年公開のマーベル映画「ブレイド」。 監督:スティーブン・ノリントン主演:ウェズリー・スナイプス あらすじ 人間とヴァンパイアが共存する世界。ヴァンパイアの存在を知るものは多くありませんが、彼ら …

PREV
アニメ「What if...?」からフューリーとブラックウィドウのポスターが公開
NEXT
映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のファーストトレーラーが正式公開!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。