まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

ドラマ「ギフテッド」ではポラリスの父マグニートーの名前が使えなかった事が明かされる

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

20世紀FOXが制作したX-MENのドラマ「ギフテッド」のショーランナーを務めたマット・ニックスさんが海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で、本作の制作にあたって映画に触れてはいけないという制約があったことを明かしました。

sponsored link
 

現在、ディズニープラスで「ターナー&フーチ」のエグゼクティブ・プロデューサーを担当しているニックスさんはインタビューで「マーベル作品に戻りたいですか?」と聞かれ、以下のように述べました。

ええ、もちろん興味がありますね。マーベルはかなり別の世界だと思うんだけど、彼らには彼らのやるべきことがあります。もうひとつは、「ギフテッド」では、私たちは本当に別のことをやっていました。これまでインタビューで言ったことはありませんでしたが、今なら言ってもいいと思います。もともとあの番組は、映画の邪魔をしてはいけないというのが基本でした。映画に触れてはいけないのです。あの番組の元々の目的は、映画の邪魔をしないようにするための最高のアイデアを持ってきたということでした。それは、「フューチャー&パスト」で時間をさかのぼり、未来に反ミュータントのディストピアがあったことを覚えていますか?そして、この時代は私たちが触っていい時代のようです。その間の年数を教えてください。そうすれば私の番組は消されてしまう。それは問題ではない。

さらにニックスさんは「ギフテッド」制作に課せられた制約を明かしました。

「映画のタイムラインには触れない、消したタイムラインだから。その時系列を渡してくれれば、ドラマを作ってみよう。ミュータントがどのように抑圧されるようになったのかを示すことで、映画の邪魔にならないようにするんだ」と。彼らは「わかった。でもいいかい?マグニートーという言葉を口にしてはいけないよ。」言いました。「でも、マグニートーの娘が出演しているんですよ?」と言うと、「その通り。でもマグニートーと韻を踏むような言葉も言ってはいけません」。彼らはウルヴァリンを知らないのですか?でも、彼らは絶対にその言葉を口にしないんだ。あれは非常に異なる作業でした。映画との融合を目指す現在のマーベルの世界とは、まったく異なる世界でした。その方がずっといいと思います。

ドラマ「ギフテッド」は好評だったにも関わらず、ディズニーによるFOX買収の影響でシーズン3は制作されず打ち切りとなりました。

ソース:The Gifted Showrunner Matt Nix Opens Up About Not Being Allowed to Mention X-Men’s Magneto and Wolverine

-ドラマ, 映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」の海外レビューが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズ制作のアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」が海外批評家向けに上映され、レビュアーたちは各々の感想を …

映画「ブラックウィドウ」からタスクマスターのプロモアートが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2021年公開予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」から、予告編でもブラックウィドウ/ナターシャ・ロマ …

征服者カーン後任の噂のコールマン・ドミンゴさん、スタジオとの話し合いを認める

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」などで、征服者カー …

映画「ソー:ラブ&サンダー」の第2弾トレーラーが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」の第2弾トレーラーが先日の予告どおり公開さ …

ニコラス・ケイジさん、「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」出演の噂をあらためて否定

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 俳優のニコラス・ケイジさんがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」にゴー …

PREV
アニメ「What if...?」からフューリーとブラックウィドウのポスターが公開
NEXT
映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のファーストトレーラーが正式公開!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。