まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ジェームズ・ガン監督、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー4」に関与する事は法的に出来ないと言う

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」までを制作してきたジェームズ・ガン監督が、Threads でのファンとの会話の中で、マーベルとの仕事が法的に禁止されている事を明らかにしました。

sponsored link
 

ファンのひとりが「GotG4やスターロードのソロ映画を書く予定は?」と質問すると監督は「ありません。DCだけです」と回答。

from Threads

さらに別のファンが「マーベルの映画を書きたいと思ったら書けるんですか?」と質問すると、「物理的にも法的にも無理です。」と監督の意思に関係なく、不可能な状態にある事を明らかにしました。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズの監督としてマーベル作品に貢献してきたジェームズ・ガン監督ですが、「Volume 3」を最後にライバル社とも言えるDCスタジオの共同CEOに就任。現在はDC映画シリーズを再生させるために尽力しています。

今回の会話の中で「法的に不可能」だと判明した事は、やはりDCとの契約の中には当然そのような条項があった事を示しているようで、当分の間、MCUでジェームズ・ガン監督作品が制作される事はないようです。

しかし、ガン監督は以前にケヴィン・ファイギ社長に相当数のアイデアを売り込んでいると明かしている他、スターロードのソロ映画についてクリス・プラットさんとかなり話をしたとも「ガーディアンズ3」のコメンタリで明かしているため、監督のアイデアを継承したMCU作品が登場する可能性については期待出来るようです。

監督は今もマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長とは仲がいいと述べ、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー4」の制作がされる事を希望していました。

ガン監督がDCでの任期を終えて退社するか、あるいはクビになるまではマーベル映画への関与は起こり得ないのがベースにありますが、「DC vs. マーベル」が実現することがあればそれはまた別の話となりそうです。

その夢の対決映画よりもまずはガン監督のDC映画と、ガン監督の遺伝子を継ぐ「ガーディアンズ4」との興行収入対決などが先に実現していく事になるのでしょうか。

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズはディズニープラスで配信中です。

sponsored link
 

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」には真のアガモットの眼が登場する?

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の先日公開された動画から、コミックに準拠したアガモットの眼が登場する …

タイカ・ワイティティ監督、映画「ソー:ラブ&サンダー」には全てを注ぎ込んだ ─ 次回作は誰にもわからない

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のタイカ・ワイティティ監督が海外メディア The Sydney Morning Herald とのインタビューで、本 …

映画「スパイダーマン:NWH」、ソニー・ピクチャーズ・カナダが6つのTVスポットを公開 ─ トレーラーとは異なるシーンも

ソニー・ピクチャーズ・カナダがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の新たなTVスポットを合計6つを一斉に公開しました。動画ひとつにつき15秒から …

ニア・ダコスタ監督、映画「ザ・マーベルズ」のキャラクターバランスの難しさについて語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ザ・マーベルズ」のニア・ダコスタ監督が、海外メディア Inverse とのインタビューの中で、キャロル・ダンヴァース、モニ …

映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」の再撮影の理由が判明か

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」は 先日、2023年7月 から 2024年2月 への公開延期が発表さ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。