まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

クリス・ヘムズワースさん、映画「シビル・ウォー」に出番がなくてクビになったと思っていた事が判明

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

2016年公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」ではアベンジャーズが二分され内戦する様子が描かれましたが、この時、出番のなかったソー役のクリス・ヘムズワースさんはMCUをクビになったと思っていた事が明らかになりました。この事は先日米国にて発売された裏話満載の公式本「The Story of Marvel Studios: The Making of the Marvel Cinematic Universe」にて明かされています。

sponsored link
 

ヘムズワースさんは当時の事を振り返り、次のようにコメントしています。

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」のプレスツアーに参加した時、みんなが「シビル・ウォー」の話をしていたんです。僕は「シビル・ウォーって何?サイドプロジェクトか何かをやっているの?」と聞いたら、彼らは「いや、キャプテン・アメリカの新作だよ?次の作品はシビル・ウォーだよ」と言うんです。僕は、「待ってよ・・・アイアンマンが出るの?」と聞くと、「ああ、でもアイアンマンだけじゃない。ヴィジョンもいる。スパイダーマンもいるよ」って。「待って、僕は一体何をしているんだ?」というと、マーベルは「君は自分の物語があるだろう。」と言っていました。」

そしてこの時、ソーとハルクは「出番が終わった」と考えていたようですが、後日、マーベルの言うソーの物語「マイティ・ソー/バトルロイヤル」の制作が始まったとしています。

ちなみに「シビル・ウォー」の裏でソーとハルクが何をしていたか、公式のショートフィルムが制作されブルーレイなどにも収録されましたが、後に辻褄が合わなくなっています。

※「バトルロイヤル」の中で、「エイジ・オブ・ウルトロン」のラストでハルクがクインジェットで旅立って以降、サカールでソーに再会するまでずっとハルクだったと説明されており、ショートフィルムでブルース・バナーになっているのは矛盾してしまいます。

なお、マーベル・スタジオのルイス・デスポジート共同会長は「マイティ・ソー」(2011年)のブルーレイ以降たまに収録されたショートフィルム、マーベル・ワンショットについて「我々はそれらに取り組んでいます。ただ、時間がありません。やりたいと思っている作品がいくつかあるんです。」と今後も制作の意向がある事を同書籍で明かしています。

クリス・ヘムズワースさんはソーの最新映画「ソー:ラブ&サンダー」の撮影を終え、公開に向けてポストプロダクションの真っ最中。その後の出演計画は明らかになっていません。

映画「ソー:ラブ&サンダー」は 2022年7月8日 米国公開予定です。

ソース:Chris Hemsworth thought he was ‘being written out’ of the MCU during ‘Captain America: Civil War’

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の新たなコンセプトアートによると、ヴィラン達はもっとパワーアップする予定だった事が明らかに

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオのコンセプトアーティストを務めるフィル・サンダースさんが、自身のInstagramにてMCU(マーベル・シネマティック・ユニ …

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」でのガントレット問題について、脚本家が言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)の謎のひとつとして、サノスのインフィニティ・ガントレットに関する疑問がありました。 …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、イベントにミス・ミニッツ女優やヤングアベンジャーズが登場

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」のレッドカ …

映画「ソー:ラブ&サンダー」、シフの未使用ストーリーやゴアの初期デザインのアートが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」より、レディ・シフやゴア・ザ・ゴッドブッチ …

2022年の米国ストリーミングランキングが公開、MCUからは「エターナルズ」が映画部門にランクイン

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2022年のアメリカにおけるストリーミングランキングがニールセンより発表され、映画部門ではMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)から2 …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。