まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ワンダヴィジョン」の第2弾トレーラーとRealityトレーラーの注目ポイントをピックアップ

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)初のドラマ作品「ワンダヴィジョン」の配信開始まで一ヶ月をきり、トレーラーやポスターなどが公開されつつありますが、気になるポイントをチェックしていこうと思います。

sponsored link
 

第2弾トレーラー

12月10日に開催された Disney Investor Day 2020 で公開されたトレーラーです。こちらも初公開のシーンが多数含まれていました。

人間の男性と結婚している

映像の冒頭でアグネスに「独身女性がなぜこんな大きな家にすんでるの?」と聞かれたワンダは「人間の男性と結婚しているのよ」と答えます。ワンダはヴィジョンが人造人間であることを忘れてしまったのでしょうか?

ベッドメリー

動画の中頃ではベッドメリーが本物(?)のちょうちょになって飛んでいく様子が映ります。映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」でドクター・ストレンジが魔法を使った際に蝶が舞う演出がありましたが、これも魔法による影響でしょうか。

不自然なウィンクと助けて欲しいアグネス

旦那さんと思しき男性の隣で不自然なウィンクをするアグネス。そして「私達を助けに来たの?」と涙ながらに話すアグネス。アグネスはヴィランの一人だと考えられていますが、誰かに操られている可能性も垣間見えます。しかしワンダを陥れるための演技の可能性も捨てきれません。

sponsored link
 

自分が何者か分からないモニカ・ランボー

楽しげに「ワンダ、何それ?」と質問するモニカですが、「だれなの?」と返されたモニカは表情が一変し、「分からない・・・」と答えます。モニカはS.W.O.R.D.のエージェントとして、ワンダを助けに、あるいは殺して力の暴走を止めるためにウェストビューに入ったと推測されますが、ワンダの力の影響か、あるいは別の何者かの力によって一部の記憶を失っているようです。

泣きながら洗濯物を干す住民

かなり印象的なシーンですが、ウェストビューの住民らしき女性が、無表情で涙を流しながら洗濯物を干している様子が映されます。住民は意識がありながらも操られている事をにおわせています。

養蜂家

養蜂家と言えばA.I.M.、という内容の記事を以前に書きましたが、可能性はそれだけにはとどまりません。A.I.M.はミスリードを誘っていて、別のヴィランという可能性もあるでしょう。コミックで双子の出産に関わっているメフィストが一般人を操っているのかもしれません。メフィストがA.I.M.の一員を操っている可能性も?

ジミー・ウーとダーシー・ルイス

このトレーラーで初登場となったジミーとダーシー。映画「アントマン&ワスプ」登場時はFBIの捜査官でしたが、「ワンダヴィジョン」ではS.W.O.R.D.のエージェントに転身しているのでしょうか?胸元のエンブレムはS.W.O.R.D.のものに見えなくもないですが、拡大してみても確証に至るほどではありませんでした。ダーシーが登場する理由も明かされていません。S.W.O.R.D.の実験か何かに協力しているというのが大方の予想です。

対峙する二人の人物

ウェストビューが存在するいわゆる「中の世界」と、「外の世界」で向かい合う二人の人物。映されるのは短い間で、性別すら分かりません。中にいるモニカと、外にいるS.W.O.R.D.が連絡を取り合っているのか、中にいる内通者と外にいる黒幕なのか・・・。

暴走するパワー

かなり広範囲に、もしかすると町全体をワンダのパワーの象徴的な赤色のオーラが包んでいるように見えます。過去作ではリアリティ・ストーンの光も赤く描かれていたので、大規模な現実改変が行われているシーンかもしれません。

> 続きを読む 

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

セバスチャン・スタンさん、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」と「ワンダヴィジョン」の違いについてコメント

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」でウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズを演じる俳優のセバスチャン・スタンさんが、海外誌 Tot …

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」の1970年代をオマージュしたオープニングクリップが公開

米国で放送中のドラマ「エージェント・オブ・シールド」ファイナルシーズンより、1970年代を感じさせるオープニングの動画が公開されました。 第5話「A Trout in the Milk」でコールソンた …

レディー・シフが映画「ソー:ラブ&サンダー」に帰ってくると報じられる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マイティ・ソー」シリーズのキャラクター、レディー・シフがシリーズ最新作となる「ソー:ラブ&サンダー」に帰ってくると、海外メディアの Dea …

Hulu幹部が新たなマーベルコンテンツ開発について言及

Huluのスクリプトコンテンツ部門の責任者であるジョーダン・ヘルマンさんは、マーベル・スタジオが将来的にHuluのストリーミングプラットフォーム向けにコンテンツを開発する可能性について、海外メディア …

エリザベス・オルセンさんがワンダのアクセントの変化について語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でスカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフを演じるエリザベス・オルセンさんが、海外メディア Rolling Stone とのインタビューで、ワンダの英語 …

PREV
ダフネ・キーンさん、デッドプールのMCUデビューについて心境を明かす
NEXT
トム・ハンクスさん、MCUが映画館を救う鍵となるだろうと語る

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What if…?関連記事

ロキ関連記事

ファルコン&ウィンター・ソルジャー関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本未定)
◆2022年1月28日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。